ノートPCの内部には内蔵タイプのHDDやSSDといったストレージが組み込まれており、Windows 10などのシステムや自分で作成したファイルが保存されている。職場の同僚や顧客とデータをやり取りするために、リムーバブルメディアやオンラインストレージを利用する機会も多いだろう。

 今回はそうしたストレージの中でもノートPCに内蔵させるタイプのものに焦点を当てて、特性や使い勝手などを紹介していく。最近は「PCI Express」という超高速インターフェースに対応し、高速にファイルをやり取りできるSSDを搭載するノートPCも増えてきている。

Windows 10やアプリを利用するため、ノートPCにはHDDやSSDなどの内蔵ストレージが組み込まれている
(撮影:竹内 亮介)
[画像のクリックで拡大表示]

低価格ノートPCもSSD搭載モデルが増加

 現状のノートPCには、おおむねHDDかSSDが組み込まれている。まずはこれらのデバイスの特徴を解説しよう。

 HDDはHard Disk Driveの略称で、内部に記録メディアとして機能する小さな円盤が組み込まれている。HDDが動作しているときは、この円盤が1分間に5400回転ないし7200回転というスピードで高速に回転する。そして円盤の表面に塗布された磁性体と小さな読み書き用のヘッドを利用して、ファイルの情報を書き込んだり読み出したりする。

 HDDを利用するメリットは、低価格で大容量のストレージを利用できることだ。例えばノートPCの内蔵ストレージ同士で比較すると、2TBの2.5インチHDDは7000円から8000円(税込み、以下同)といったところだ。しかしSSDだと、低価格なモデルでも2万7000円から3万円、高性能なモデルだと5万円から6万円もする。

ノートPCに組み込まれる2.5インチHDDの例
(撮影:竹内 亮介)
[画像のクリックで拡大表示]

 こうした特性もあり、オフィスや家庭内で利用される安価なA4サイズのノートPCや、スタンダードなビジネス向けノートPCで採用されることが多い。デジタルカメラで撮影した大量の画像データや動画データ、音楽ファイルなどの管理をノートPC1台で完結したいならば、HDD搭載モデルが向いている。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。