クラウドサービス全盛の現在、IT技術者ならばクラウドサービスに関する知識は不可欠だ。そこで本特集では、IT技術者なら知っておきたいクラウドサービスの基礎知識を解説する。第1回となる今回は、今さら聞けないクラウド用語を取り上げる。

 まずクラウドサービスとは何かを整理しておこう。クラウドサービスとはもともと、自前のコンピューターで動かしていたようなアプリケーションやサービスを、インターネットなどを経由して利用者の必要に応じて提供するサービスである。

 2006年に当時米Google(グーグル)のCEOだったエリック・シュミット氏が、こうしたサービスを提供することを「クラウドコンピューティング」と呼んだのが始まりだ。インターネットを雲で表現することからクラウドという名称が使われたといわれている。

 歴史的には、インターネット経由でアプリケーションを提供するサービスがクラウドサービスの始まりだ。例えば米Salesforce.comは1999年に設立され、2000年に最初の製品を提供開始した。グーグルのメールサービス「Gmail」の登場は2004年。こうしたサービスを当時ASP(Application Service Provider)と呼んでいた。

 アプリケーションだけでなく、サービス構築に必要な機能が提供されるようになったのは米Amazon.comが自社のプラットフォーム技術を「Amazon Web Services(AWS)」として提供し始めた2006年からだ。利用者から「負荷が変動しやすい公開Webサーバーを設置するのに最適なプラットフォーム」と評判になった。

負荷に応じて台数を増減

 それまで公開Webサーバーは、社内のDMZ(DeMilitarized Zone)に自前で用意するか、ホスティングサービスを利用してレンタルするしかなかった。このため事前に負荷やトラフィック量などを試算しておき、容量設計をする必要があった。

 しかし高負荷時に合わせると低負荷時にサーバーが無駄になるし、逆に低負荷時に合わせてしまうと高負荷時にサービスがダウンしてしまう。特に季節要因などで負荷の変動が激しい場合は対処が難しい。

 クラウドサービスでは、こうした負荷の変動に合わせ、柔軟に台数を増減できる。サーバーやハードウエア、ネットワークなどのリソースをすべてソフトウエアとして扱っていることが最大の理由だ。

負荷状況に応じてリソースを変更できるクラウドサービス
[画像のクリックで拡大表示]

パブリックかプライベートか

 次にクラウドサービスの利用形態について説明しよう。クラウドサービスはこうした出自から、インターネットを経由して利用する「パブリッククラウド」が一般的に使われている。

 このパブリッククラウドの中に、企業などの利用者が自分だけのネットワークを作る。このネットワークのうち、インターネットに公開しない部分は実質的にプライベートネットワークとして使えるので、「仮想プライベートクラウド」と呼ばれる。仮想プライベートクラウドと企業ネットワークはVPN(Virtual Private Network)や専用線などで接続して閉域ネットワークを形成できる。

プライベートクラウドとパブリッククラウド
[画像のクリックで拡大表示]

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。