新型コロナウイルスの影響で、業務においてビデオ会議は日常になった。多くの人が毎日のように利用しているだろう。そこでこの特集では、主なビデオ会議サービスやそこで使われているネットワーク技術を解説する。

 ビデオ会議の特徴は、インターネットが使える環境であれば、場所やデバイスに関係なく、いつでも会議を開けることだ。

 例えばLTEで接続しているスマートフォンとWi-Fiで接続しているパソコンという全く異なる環境同士であっても、同じビデオ会議に参加できる。

ネットワークやデバイス、アプリの種類を問わずに会議に参加
[画像のクリックで拡大表示]

 ビデオ会議に参加する方法は大きく2種類ある。パソコンやスマートフォンにインストールするネーティブアプリを使う方法と、Webブラウザー上で動作するWebアプリを使う方法だ。

 この2種類で最も異なる点は、インストールの有無である。WebアプリはWebブラウザーがあればビデオ会議に参加できるので手軽だ。ネーティブアプリをインストールする必要がない。このためパソコンではWebアプリを使う人が多いのではないだろうか。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。