この道20年選手になろうとしているプロマネの宇佐木さん。Webシステムを作る小さいIT会社(zoozoo社)に勤めています。若い頃のテキトー癖が抜けず、プロジェクトは毎回炎上してばかり。同期のSEである虎岡さんには、怒られっぱなしです。そんな宇佐木さんですが、新技術に関心が高く、意外と勉強熱心な側面もあります。

宇佐木 ねぇねぇトラちゃん。オサカナ水族館の打ち合わせで話が出たんだけど、クラウドとオンプレミスって、比較するのおかしくない?

SE虎岡 おかしい。

宇佐木 なぜ比較するんだろ。自社クラウド(プライベートクラウド)でもいいのにね。

SE虎岡 最近は、クラウドって聞くと、真っ先にパブリッククラウド(クラウド事業者が提供するクラウドサービス)が頭に浮かぶようになってるね。

宇佐木 だよねぇ。AWS(Amazon Web Service)使ってみたいってだけの話になってると思う。

SE虎岡 そもそもオサカナさんはクラウドで何したいの?

宇佐木 この間、ジンベエザメの飼育を始めたってニュースになったでしょ。実は深海魚コーナーも始めたから、夏休みにお客さんがかなり増えると踏んでいるらしい。

SE虎岡 よくわかんないけど、ジンベエザメってそんなに人気なの?深海魚って、お寿司で食べるやつ?

宇佐木 トラちゃんは遅れてるなあ……。ジンベエザメも深海魚も大人気だよ!ファンに刺されるよ!!

SE虎岡 今でも人気の水族館なのに、さらに人気が出るなんて、喜ばしいことだな。

宇佐木 それで、Webサイトを管理してる業者に、サーバー増強の相談をしたら、すごい金額の見積もりが来たらしい。

SE虎岡 なるほど!あの水族館は夏と冬でアクセス数が大きく違うだろうから、ピークの夏に合わせたらすごい金額になるだろうね。

宇佐木 どんな感じで説明しようかなあ……。

図31-1 ジンベエザメでアクセスが増える
図31-1 ジンベエザメでアクセスが増える
[画像のクリックで拡大表示]

 ここのところAmazon.comが提供するAWSやGoogleが提供するGCPなどクラウドコンピューティングサービスが注目を集めています。

 この連載の新技術導入編(2)AWSやAzureでうきうきクラウドライフは可能か(記事はこちらから)でも、クラウドについてお話をしましたね。

 クラウドとは何かという話はこの記事で説明しているので、今回はそこから一歩進んで、クラウドとオンプレミスとの違いや、なぜクラウドを導入するのかなど、詳しい話を進めていきたいと思います。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。