Linuxには、Windowsにないコマンドやツールが多数用意されている。サーバーなども比較的容易に構築できる。このためWindowsユーザーであっても、一度は試したいと考えている人は少なくないだろう。

 そんなWindowsユーザーに朗報だ。Windows 10では、Linux環境を簡単に試せるWindows Subsystem for Linux(WSL)が追加された。

 そこで本特集では、WSLの最新バージョンであるバージョン2(WSL2)の設定方法からネットワークコマンドの使い方、Webサーバーの構築方法を分かりやすく解説する。

Windows上でLinuxが動作

 WSLはWindows 10でLinuxのコマンドを実行したり、アプリケーションを動かしたりできる機能だ。VirtualBoxやVMwareなどで構築する仮想マシンを思い浮かべてもらうと分かりやすい。

 WindowsがホストOSとなり、ゲストOSにLinuxを導入する。1台のパソコンでWindowsとLinuxが使えるため、Linux用のハードウエアを新たに用意しなくてもよい。Linuxを手軽に試したい人に適している。

 WSLにはバージョン1(WSL1)と2(WSL2)がある。WSL1ではWindowがLinuxカーネルの機能をエミュレートする。このためゲストOSであるLinuxは、ホストOSのWindowsと同じIPアドレスを使用する。

 一方、WSL2ではWindowsが搭載する仮想化ソフト「Hyper-V」のハイパーバイザー上でLinuxカーネルを動かす。Windowsに仮想的なNIC(仮想NIC)が作られてプライベートIPアドレスが割り当てられる。

 ゲストOS用の仮想NICも作られる。ゲストOSはホストOSとは異なるTCP/IPスタックを使うので、ホストOSとは異なるIPアドレスが割り当てられる。

WSL2のイメージ
[画像のクリックで拡大表示]

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。