Windows Subsystem for Linux 2(WSL2)でインストール可能なLinuxディストリビューションUbuntuでは、インストール直後から数多くのコマンドを利用できる。これらはネットワークトラブルを解決するのに有用だ。Windowsが標準搭載していない4つのコマンドを中心に紹介しよう。

dig

 まず紹介するのは「dig」コマンドだ。名前解決が原因のネットワークトラブルが後を絶たない。digコマンドを使えば正しく名前解決できているかを確認できるので、そういったトラブルの解消に役立つ。

「dig」コマンドでDNSサーバーからの生の情報を表示
[画像のクリックで拡大表示]

 Windowsにも同様のコマンドとしてnslookupがある。nslookupと比較した場合のdigの特徴は、DNSサーバーからレスポンスをほぼそのまま表示する点だ。若干見にくいものの、より多くの情報を得られる。

 一方、nslookupはレスポンスを加工して表示する。見やすい半面、情報の一部を削ってしまう。

lsof

 「lsof」は実行したサーバーやクライアントで開かれているファイル(アプリケーション)やポートを表示するコマンドだ。ファイルが誰によって実行されて、どのポートを使用しているのかなどを調べられる。オプションを指定すれば、通信プロトコルやファイルサイズなども表示できる。

「lsof」コマンドで開かれているファイルやポートを調べる
[画像のクリックで拡大表示]

 lsofは、ファイルやポートに関連したトラブルの解消に役立つ。例えばサーバーの処理に時間がかかる場合、プロセスが意図しないファイルを大量に開いている可能性がある。

 またWebアプリケーションが起動しない場合は使用するポートが開放されていないといったトラブルも考えられる。lsofを使えば、こうしたトラブルの原因を簡単に見抜ける。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。