図1 コロナ後のデジタルトランスフォーメーション(DX)
予想もしない変化が起こり得ると分かり、業務の効率化よりも変化への対応がDXの優先目標になってきた。一方でITが手軽に利用できるようになり、以前ほど費用をかけずにさまざまな情報の活用やアナログ作業の効率化が可能になった点がDX導入の追い風になっている(出所:日経ものづくり)

記事へ戻る