米Microsoft(マイクロソフト)の「Microsoft 365」というメジャーなサービスにライセンスが付属しているのに、今ひとつメジャーになりきれないPower Platform。Power Platformを構成する「Power Automate」や「Power Apps」を組み合わせて使うことで、業務の自動化を図れる。まずはその基本的な知識として、Power Platformがどのようなサービスから構成されているかを理解し、それを組み合わせる際の基本的な方針を解説する。

 Microsoft 365は多くの企業で使われているが、よく利用されるのはメールサービスの「Outlook」やメッセージングサービスの「Teams」、オフィスアプリケーションの「Excel」や「Word」などだろう。

 これに対しPower Platformは知る人ぞ知るといった印象だ。ちょっとしたアプリケーションを作成したり、サービス同士を連携させてスムーズなやりとりを実現させたりできる。うまく使いこなせば、ネットワークの監視や管理など業務の自動化にも活用できる。

 そこで本特集では、Power Platformの概要と基本的な使い方を解説する。

4つのサービスの総称

 Power PlatformはMicrosoft 365に含まれる4つのサービスの総称だ。ノーコード/ローコードのアプリケーション開発サービス(ノーコード/ローコード開発ツール)である「Power Apps」、複数のサービスやアプリケーションを連携させる「Power Automate」、データの整形や可視化などに使う「Power BI」、チャットボットの作成サービスである「Power Virtual Agents」で構成される。

Power Platformを使えば業務システムを簡単に構築できる
Power Platformを使えば業務システムを簡単に構築できる
[画像のクリックで拡大表示]

 チャットボットとはテキストや音声を通じて自動的に会話するプログラムのこと。サポートサービスを含む業務システムでは便利だが、既存の管理業務などの自動化に使うことはほとんどない。ここではPower Virtual Agentsを除いた3つのサービスを取り上げる。

 前述のようにPower Appsはノーコード/ローコード開発ツールの1種である。プログラミングの知識がなくても業務アプリケーションを開発できるので、デジタルトランスフォーメーションを推進するツールとして注目されている。

 Power Appsなどのノーコード/ローコード開発ツールの多くは、データベースなどのデータの入れ物(データソース)を指定するだけで、データを操作するアプリケーションを自動生成する。Power Appsでは、生成されたアプリケーションを「キャンバスアプリ」と呼ぶ。

コーディングなしでアプリケーションを自動生成
コーディングなしでアプリケーションを自動生成
[画像のクリックで拡大表示]

 伝票の宛先と明細のように、複数のデータソースを操作するアプリケーションも作成できる。こういったアプリケーションは「モデル駆動型アプリ」と呼ばれる。複数のデータソースをそれぞれどのように利用するかを「モデル」として定義していくと、自動的にアプリケーションを作ってくれる。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。