Power Platformでどうやってアプリケーションを作るのか。具体的な作成方法を体感するために、簡単なアプリケーションを実際に作ってみよう。今回作るアプリケーションも、基本的な構成は前回述べたネットワーク監視・管理のアプリケーションと同じだ。

簡単なアプリケーションを作ってPower Platformを体感
[画像のクリックで拡大表示]

 最初にデータソースとなるファイルをExcelで作成する。次にPower Automateを使って、Formsで入力したデータをExcelファイルに登録する。これがデータ収集に相当する。同時にアラートに相当する作業として、データが登録されたことをTeamsに通知する。そして登録したデータの管理に使うアプリケーションをPower Appsを使って作成する。最後にPower BIを使って、登録したデータからレポートを作成する。

データの「入れ物」を作る

 では具体的なアプリケーションの作成に移ろう。

 まずデータの入れ物となるデータソースを作成する。Power Platformの各サービスは様々なデータソースに接続できる。代表的なのはマイクロソフトの「SQL Server」などのデータベース管理システムだ。しかしもっと手軽な、CSV形式やExcel形式のファイルもデータソースとして使える。

 今回は基本的な動きを理解するのが目的なのでExcel Onlineをデータソースとして使う。具体的にはMicrosoft 365のファイル共有サービスである「OneDrive」に置いたExcelファイルをデータの保管場所にする。

データを選択してテーブルを定義

 Excel OnlineなどのMicrosoft 365のアプリケーションを起動するには、ポータルサイトにWebブラウザーでアクセスし、表示されたアプリ一覧から該当のアイコンをクリックする。

 Excel Onlineを起動して、サンプルデータを作成する。ここでは1行目を見出しとし、データを15行入力した。その範囲を選択し、「ホーム」タブにある「テーブルとして書式設定」をクリック。どれでもよいのでテーブルスタイル(見かけの書式)を選択すると、続いてテーブルにする範囲を指定するダイアログボックスが表示される。ここで「OK」をクリックすると選択した範囲がテーブルとして認識される。次に、「デザイン」タブをクリックすると表示される「テーブル名」に名前を入力する。ここでは「サンプル記録」という名前にした。以上を実行したらOneDriveにファイルを保存する。

Excelファイルをデータソースにする
[画像のクリックで拡大表示]

 テーブルとして認識できればデータソースとして使えるので、Power AutomateやPower Apps、Power BIから読み出したり書き込んだりできる。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。