DX分野で活躍するCIO(最高情報責任者)、CDO(最高デジタル責任者)などのデジタル変革リーダーやIT企業のキーパーソンを「賢者」として招き、仕事の成功・失敗について、MCの戸川尚樹(日経BP 総合研究所 イノベーションICTラボ所長)との対談によって振り返るトークショー。賢者の流儀を知ることは、DXで成果を上げるためのヒントとなるだろう。

 異色な経歴を持つCDO(最高デジタル責任者)の1人といえば、IHIで常務執行役員 高度情報マネジメント統括本部長を務める小宮義則氏である。大学卒業後、経済産業省に入省し、IHIに入社するまでは特許庁長官だった。

小宮 義則(こみや よしのり)氏
IHI 常務執行役員 高度情報マネジメント統括本部長
小宮 義則(こみや よしのり)氏 1984年に東京大学経済学部を卒業。同年、通商産業省(現経済産業省)に入省。2001年に経済産業政策局知的財産政策室長に就き、営業秘密侵害の刑事罰化や国家知的財産戦略の立案を推進。2004年に経産省製造産業局産業機械課長。2008年には内閣官房内閣参事官(副長官補付)として、IT基本法に基づくIT戦略の改定を推し進めた。2010年資源エネルギー庁長官官房総合政策課長などを経て、2014年には内閣府大臣官房宇宙審議官(後に宇宙開発戦略推進事務局長)として新宇宙基本計画の策定、宇宙二法の法案策定など宇宙政策の転換を推進した。2016年特許庁長官に就任。2017年に退官、同年IHIに入社。2018年執行役員 資源・エネルギー・環境事業領域 副事業領域長に就く。2020年4月より現職。

 「デジタル変革によってIHIをもっと強くし、日本の製造業の競争力向上にも貢献したい」。天下り官僚であり、IHIの社歴はまだ浅い小宮氏だが、官僚時代も今も仕事への情熱は冷めることはない。そんな小宮氏の転機は、当時望んでいなかった韓国駐在の時代だったという。「『全ての上司の言うことを聞こう』として中途半端になった」という過去の失敗談も明かす。

 「不遇の時に踏ん張れば、その後はぐっと運がよくなる」と言い切る小宮氏は長年、その時々で精力的に人脈を築き、様々な情報を収集し続けてきた。小宮氏のモットーは、「志のある人と深く付き合う」ということである。「人と深い付き合いをしないと、ストーリーは思い浮かばない」や「『人をだまして自分だけ生き残ろう』は透けて見える」と言い切る。日経BPが運営する会員組織「ITイノベーターズ」のエグゼクティブメンバーでもある小宮氏の仕事の流儀は、仕事への情熱を持ち続けるためのヒントが詰まっている。

対談の様子。動画は次ページでご覧いただけます
対談の様子。動画は次ページでご覧いただけます
(撮影:村田 和聡)
  • Chapter1:通産省4年目に「オゾン層保護問題」を任される
  • Chapter2:「全ての上司の言うことを聞こう」として中途半端に
  • Chapter3:傷心の異動、37歳で韓国へ
  • Chapter4:初心に戻る、人脈を広げ情報収集を徹底
  • Chapter5:小宮レポートにファンがつく
  • Chapter6:尖ったお題を出して尖った意見を集める、知財戦略作りの方針
  • Chapter7:人と深い付き合いをしないと、ストーリーは思い浮かばない
  • Chapter8:「人をだまして自分だけ生き残ろう」は透けて見える
  • Chapter9:仕事の重要な場面に友人が突然、現れる
  • Chapter10:運のいい人は、不遇の時に踏ん張っている
  • Chapter11:付き合いの長い人に共通することは「志」

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。