DX分野で活躍するCIO(最高情報責任者)、CDO(最高デジタル責任者)などのデジタル変革リーダーやIT企業のキーパーソンを「賢者」として招き、仕事の成功・失敗について、MCの戸川尚樹(日経BP 総合研究所 イノベーションICTラボ所長)との対談によって振り返るトークショー。賢者の流儀を知ることは、DXで成果を上げるためのヒントとなるだろう。

 日本を代表するプロフェッショナルCIO(最高情報責任者)の1人が、花王やLIXIL、荏原製作所でCIOを務めた小和瀬浩之氏である。業務とシステムのグローバル標準化を進め、仕組みをモダナイズすることによって企業競争力を高める――。このために小和瀬氏は自身のスキルと情熱を注いでいる。

小和瀬 浩之(こわせ ひろゆき)氏
荏原製作所 執行役 情報通信統括部長
小和瀬 浩之(こわせ ひろゆき)氏 1986年4月、花王入社。以来、一貫して情報システム部門を歩む。同社情報システム部門グローバルビジネスシンクロナイゼーション部長を経て、2012年10月同部門統括。2014年1月にLIXIL入社、執行役員IT推進本部本部長。同年4月からCIOを兼務。2015年12月から上席執行役員CIO兼情報システム本部本部長。2018年12月、荏原製作所入社。2019年4月より情報通信統括部長。2020年3月より現職。

 「CIOの責務は、システムで経営効果を出すこと。システム構築よりも動かした後にこそ、仕事の楽しみがある」。こう言い切る小和瀬氏は、「新人時代から先輩に『Why』をしつこく聞いていた」と打ち明ける。さらに「周囲にサプライズを与えたい。こう思って、ずっと仕事をしてきた」という。

 日経BP 総合研究所 イノベーションICTラボが運営する会員組織「ITイノベーターズ」のエグゼクティブメンバー(幹事会員)を務めている小和瀬氏を招き、仕事のモットーについてエピソードを交えて語ってもらった。

対談の様子。動画は次ページでご覧いただけます
(撮影:村田 和聡)
  • Chapter1:「Why」をしつこく聞いていた新人時代
  • Chapter2:「サプライズ」を与えることが仕事の喜び
  • Chapter3:若手システム部員時代、全国行脚して現場で仕事
  • Chapter4:「システムで経営効果を出したい」、志願してタイへ
  • Chapter5:タイ花王で全業務の知識を習得
  • Chapter6:「システム導入後に経営効果を出すこと」が一番面白い
  • Chapter7:「市場価値を高めて社会貢献を」とシステム部員に伝えている
  • Chapter8:45歳で大学院へ、データサイエンスを学び直す
  • Chapter9:熱意と誠意を持つ
  • Chapter10:グローバル経営の実践手法を日本の製造業に広めたい
  • Chapter11:汗をかかないと仕事は面白くない
  • Chapter12:システム部門は花形部門になれる

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。