DX分野で活躍するCIO(最高情報責任者)、CDO(最高デジタル責任者)などのデジタル変革リーダーやIT企業のキーパーソンを「賢者」として招き、仕事の成功・失敗について、MCの戸川尚樹(日経BP 総合研究所 イノベーションICTラボ所長)との対談によって振り返るトークショー。賢者の流儀を知ることは、DXで成果を上げるためのヒントとなるだろう。

 アクサ生命保険の執行役員 チーフデータオフィサー(CDO)として、データやブランド、カスタマーエクスペリエンスを統括する齋藤裕美氏。デジタル戦略の推進やデジタルマーケティングの業務に約20年従事している同氏の経歴は“異色”だ。

齋藤 裕美(さいとう ゆみ)氏
アクサ生命保険 執行役員 デジタル&マーケティング本部長 兼 チーフデータオフィサー
齋藤 裕美(さいとう ゆみ)氏 メットライフ生命保険やサイバーエージェント、三和銀行(現・三菱UFJ銀行)などで、事業戦略の立案や各種コンテンツ・サービスの企画開発といったデジタル戦略の推進やデジタルマーケティングの業務に約20年従事。2016年9月にアクサ生命保険に入社し、2019年12月に執行役員 デジタル&CX/スマート・データ本部長兼チーフデータオフィサー(CDO)に就任。2020年5月から現職。

 大学卒業後の最初の8年間で転職は4回。転職の過程で様々なマネジメント手法を知り、師匠と呼べる人物は5人いるという。出産・育児をきっかけに、自身の仕事のスタイルを変え、「ほぼノー残業でも生産性は3倍になった」と振り返る。

 日経BP 総合研究所 イノベーションICTラボが運営する会員組織「ITイノベーターズ」のエグゼクティブメンバーでもある齋藤裕美氏の仕事の流儀とは。これまでのキャリアやデジタルトランスフォーメーション(DX)で成果を上げるために大切なことについて語ってもらった。

対談の様子。動画は次ページでご覧いただけます
対談の様子。動画は次ページでご覧いただけます
(撮影:村田 和聡)
[画像のクリックで拡大表示]
  • Chapter1:「このままでは成長できない」と焦る
  • Chapter2:優れた上司の共通点、「情報公開と心理的安全性」
  • Chapter3:サイバーエージェント時代、28歳でシステム部長
  • Chapter4:「背中を見せる」だけではダメ、周囲を巻き込む
  • Chapter5:出産・育児を機に仕事のスタイルを変える
  • Chapter6:保険のネット申し込みサイト、正攻法で構築
  • Chapter7:DXの95%は地道で泥臭い仕事
  • Chapter8:アクサ生命の最初の仕事で「ダメ出し」される
  • Chapter9:キーパーソン20人とじっくり対話、課題や期待を知る
  • Chapter10:「成長しなきゃ病」、仕事でワクワクしていたい

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。