DX分野で活躍するCIO(最高情報責任者)、CDO(最高デジタル責任者)などのデジタル変革リーダーやIT企業のキーパーソンを「賢者」として招き、仕事の成功・失敗について、MCの戸川尚樹(日経BP 総合研究所 イノベーションICTラボ所長)との対談によって振り返るトークショー。賢者の流儀を知ることは、DXで成果を上げるためのヒントとなるだろう。

 和食・すし店を展開するがんこフードサービスで、ロボットやデータの活用で顧客サービス変革プロジェクトを牽引している新村猛副社長。おもてなし×サービス工学による懐石料理サービスで「日本サービス大賞 経済産業大臣賞」を2020年に受賞するなど、サービス業界の変革者として知られる。

新村 猛(しんむら たけし)氏
がんこフードサービス 取締役副社長
新村 猛(しんむら たけし)氏 筑波大学大学院博士課程システム情報工学研究科修了。博士(工学)。がんこフードサービスに1994年に入社。2013年に取締役副社長(現任)に就く。最新技術を活用した店舗サービスの強化を牽引。2018年、料亭への自動搬送ロボット導入で「ロボット大賞 日本機械工業連合会会長賞」を受賞。2020年、おもてなし×サービス工学による懐石料理サービス「屋敷シリーズ」で「日本サービス大賞 経済産業大臣賞」を受賞した。立命館大学、近畿大学客員教授、関西経済同友会調査企画部会委員などを併任。内閣府・経済産業省、ロボットによる社会変革推進会議委員(現任)なども務める。

 経営者であり科学者でもある。サービスサイエンス分野の第一人者として、立命館大学や近畿大学の客員教授としての顔を持つ。日経BP 総合研究所 イノベーションICTラボが運営する会員組織「ITイノベーターズ」のエグゼクティブメンバー(幹事会員)を務めている同氏が、経営者兼科学者となった経緯や理由、仕事のモットーについて語る。

対談の様子。動画は次ページでご覧いただけます
対談の様子。動画は次ページでご覧いただけます
(撮影:村田 和聡)
  • Chapter1:サービス工学分野で論文を多数執筆
  • Chapter2:実務を身に付けてから大学に戻るつもりだった
  • Chapter3:入社直後に悲劇、上場の話がなくなる
  • Chapter4:人事制度を作っても人は変わらない
  • Chapter5:課題解決策を自ら考え、社内に提案営業
  • Chapter6:明確な目標を持たない
  • Chapter7:産総研との出会い、サービス工学に本腰
  • Chapter8:「興味を持つ努力」が大切
  • Chapter9:使命はサービス産業の生産性を高めること
  • Chapter10:異なる分野で活躍している人に会う

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。