「Microsoft Teams(以下、Teams)」はマイクロソフトが提供するオンラインでの会議やチャット、ファイル共有などを実現するサービスである。テレワークなどに活用できる。

 新型コロナウイルス感染症の影響で、テレワークを導入する企業が増えてきた。コロナ禍になって初めてTeamsを使ったという人は珍しくない。そのためTeamsをなんとなく使っているが、使いこなせていない人もいるだろう。ここでは、テレワークで活躍するTeamsの活用法を解説する。

オンライン会議だけじゃない、Teamsができること

 Teamsといえばオンライン会議ツールと見られがちだが、実は様々な機能を提供する。

  • オンライン会議
  • 1対1、グループ(チーム)単位でのチャット、音声通話
  • ファイル共有
  • Officeファイルの共同編集

 Teamsには無償版と有償版があるが、無償版であってもこれらの機能はすべて利用できる。ただ無償版やTeamsの利用権を得るMicrosoft 365のプランによって、各機能の参加人数や時間が制限される。例えば、オンライン会議は有償版では最長24時間開催できるが、無償版では1時間に制限される(ただし新型コロナウイルスが収束するまでは制限は解除される)。こうした違いを次の表にまとめた。

無償版とMicrosoft 365の主なプランのTeamsの違い
無償版のMicrosoft TeamsMicrosoft 365 Business Basic、同StandardOffice 365 E3
利用料金無料540円/円、1360円/月2710円/月
会議の参加者数(上限)100人※1300人1万人
会議の長さ(上限)1時間※124時間24時間
会議のレコーディング×
チャットで添付できるファイルサイズ2Gバイト/1ユーザー1Tバイト/1ユーザー※2無制限※2
ファイル共有に使うストレージ容量10Gバイト/全チーム1Tバイト/組織全体+10Gバイト/1ライセンス※31Tバイト/組織全体+10Gバイト/1ライセンス※3
注:料金は年間契約の月払いの料金を示す。すべて税別。
※1:2021年6月までは、人数は300人、時間は24時間に緩和される。コロナ禍における措置。
※2:OneDriveの容量の上限が適用される。
※3:SharePointの容量の上限が適用される。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。