インターネットのアクセス回線やデータセンター内の配線、海底ケーブルなどあらゆるネットワークで光ファイバーが活躍している。基本的な仕組みから企業ネットワークへの導入、トラブルシューティングのポイント、最新技術まで光ファイバーを徹底的に解説する。

 企業ネットワークでは、イーサネットの物理メディアとして光ファイバーを利用する。イーサネットでは規格ごとに、銅線を使ったLANケーブルと光ファイバーのそれぞれに対して、最大伝送速度と最大伝送距離が決まっている。このため必要な伝送速度や距離に応じて、利用する光ファイバーの種類を検討する。

 まずはイーサネット規格と伝送速度、対応する光ファイバーの関係を確認しよう。

主なイーサネット規格と光ファイバーの対応
主なイーサネット規格と光ファイバーの対応
[画像のクリックで拡大表示]

 光ファイバーをイーサネットで利用するときは、ネットワーク機器に取り付ける光トランシーバーモジュールと、光ファイバーケーブルをセットで使うことになる。また、トランシーバーとケーブルが一体となった製品もある。この場合はケーブルの長さを変更できない。

 光ファイバーのモードは、短距離の用途にはMMF、長距離の用途にはSMFを選択するのが基本的な考え方だ。SMFに比べてMMFのトランシーバーはかなり安価なので、短距離で済むならMMF対応品を選んだほうがコストが低くなるからだ。

光ファイバーのタイプに注意

 企業ネットワークでMMFを使う際にはタイプの選択に気をつける必要がある。MMFでは「OM」というタイプによって伝送距離が異なるからだ。タイプはOM1からOM5まで5種類があり、数字が大きくなるほど伝送距離が長くなる。

光ファイバーのタイプと特性
光ファイバーのタイプと特性
[画像のクリックで拡大表示]

 新たに光ファイバーケーブルを敷設する場合は、距離に応じた規格を選べばよい。注意が必要なのは、より高速なイーサネット規格を導入する際に、敷設済みの光ファイバーケーブルを使い回そうとするケースだ。

 例として、伝送距離が最大100mのオフィスビルにOM2対応の光ファイバーを敷設し、1Gビットイーサネットの1000BASE-SXを使っているケースを考えよう。OM2を使った1000BASE-SXの最大伝送距離は550mなので問題ない。ところが、これを10Gビットイーサネットにアップグレードする場合、10GBASE-SRの最大伝送距離は82mなので足りなくなる。

 SMFではOS1とOS2という2つのタイプが定義されている。OS1は最大伝送距離が10kmで、通常の用途ではこれで十分だ。OS2は最大200kmなので、超長距離伝送にも使える。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。