貴重品などに付けて紛失防止に役立てるスマートタグ。米Apple(アップル)が「AirTag」を投入したことで大きな注目を集めている。海外では韓国Samsung Electronics(サムスン電子)などスマートフォン大手の参入が進みつつあるが、その背景と既存のスマートタグ事業者の生き残り策を考えてみたい。

AirTagが注目される2つの理由

 私事で恐縮だが、筆者は先日、取材先で自宅の鍵を紛失してしまった。その日訪れた全ての場所を確認し、さらに警察署に届け出をしたのだがそれでも見つからず、最終的に自宅の鍵を交換するにまで至ってしまったのである。

 これまでの人生で鍵をなくしたことは1度もなかっただけに、この出来事はとてもショックだった。そこでそれ以降、鍵にはスマートフォンを使って位置を把握できる「スマートタグ」を幾つか購入し、鍵に付けて持ち歩くようにしている。

 そうしたスマートタグは、海外であれば「Tile」、日本であれば「MAMORIO」などが知られている。これまではベンチャーなど比較的小規模な独立系の企業が提供するものが多かった。だがここ最近、そのスマートタグに関して地殻変動というべき出来事が起こっている。

筆者はスマートタグとして比較的よく知られる「Tile Mate」(左上)と「MAMORIO RE」(右上)を使っているが、「AirTag」(中央下)の登場で市場動向が大きく変わる可能性が出てきた(筆者撮影)
[画像のクリックで拡大表示]

 それはアップルの「AirTag」の投入に他ならない。AirTagは貴重品などに取り付けておくことで、iPhoneの「探す」アプリから音を鳴らすなどして場所を示してくれるスマートタグの一種だが、他の特徴も注目を集める要因となっているようだ。

 その1つは、UWB(Ultra Wide Band)を用いることにより、高い精度で位置を把握できること。「iPhone 11」シリーズ以降のiPhoneにはUWBによる測位や通信を可能にする「U1」というチップが搭載されている。同じくUWBに対応したスマートスピーカーの「HomePod mini」と連係し、UWBを用いてiPhoneで再生中の楽曲を引き継ぐ仕組みなどを提供していた。

 そしてAirTagもUWBに対応しており、U1チップ対応のiPhoneと連係して誤差数センチ単位での測位を可能にしている。実際、対応するiPhoneでAirTagを探してみると、AirTagの場所までの具体的な距離や方向まで示してくれるというのは、今までのスマートタグにはない高い利便性があると感じる。

iPhoneの「探す」アプリでAirTagを探しているときのスクリーンショット。UWBを活用した測位で、近距離にあるAirTagの正確な位置や方向を示してくれる仕組みを備えている
[画像のクリックで拡大表示]

 そしてもう1つの要因は、盗難や紛失などでAirTagとiPhoneの距離が離れてしまった場合、他の人が持っているiPhoneのBluetoothを用いてAirTagの位置情報を示してくれる仕組みを備えていること。同様の仕組みはいくつかのスマートタグで提供されているものの、利用者が少なく有効に機能しないことが多い。それだけに、世界中のほぼ全てのiPhoneユーザーが対象となって位置を算出できることは、探しやすさという点で圧倒的なアドバンテージがある。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。