米Alpha Exploration(アルファ・エクスプロレーション)は2021年9月30日、同社の運営する音声SNS「Clubhouse(クラブハウス)」について日本の報道関係者向けに説明会を開催した。日本などに向けたローカライズや、クリエーター向けの収益化手段を提供するという。説明会の内容からClubhouseが、SNSとしてどのような方向に進もうとしているのかを確認してみよう。

ブーム後も日本では熱心な利用者が定着

 2021年初頭に日本でブームとなったスマートフォン向けの音声SNS「Clubhouse」。複数人が同時に、声のみでコミュニケーションするという仕組みが、従来のSNSにはない新鮮さを与えた。また当初はiOSのみの提供で、なおかつ招待制を採用していたことから、利用できる人数が限定されているという特別感もClubhouseの人気には大きく影響したといえる。

 だがその後数カ月のうちに人気は急速に勢いを失い、メディアで取り上げられる機会も大幅に減った。とはいえClubhouse自体はその後も利用拡大に向けた取り組みを進めており、2021年5月にはAndroid版の提供が開始された他、2021年7月には招待制を廃止。現在は誰でも参加できるようになっている。

 2021年9月30日には、Clubhouseを運営するアルファ・エクスプロレーションが日本で初となる報道関係者向けの説明会を実施。Clubhouseの現状について紹介するとともに、日本での今後の取り組みについても説明した。

 アルファ・エクスプロレーションの共同創業者の1人であるポール・デイビソン氏によると、Clubhouseで会話するために開く「ルーム」の数は、世界的に見ると初夏時点で30万室であったのに対し、8月が終わった時点では70万室と、倍以上に増えているとのこと。日本でのブーム終息後も世界的に利用は伸びていると説明する。

日本の報道関係者向け説明会には、アルファ・エクスプロレーションの共同創業者の1人であるポール・デイビソン氏らが登壇した
日本の報道関係者向け説明会には、アルファ・エクスプロレーションの共同創業者の1人であるポール・デイビソン氏らが登壇した
(出所:アルファ・エクスプロレーション)
[画像のクリックで拡大表示]

 デイビソン氏は国別のルーム数を厳密に数えているわけではないとしつつ、日本のユーザーに特徴的な傾向として利用時間を挙げている。Clubhouseの利用時間は世界平均で1ユーザー当たり70分程度であるのに対し、日本では夏の初めに101分、現在では113分にまで拡大しており、1人当たりの利用時間が長期化する傾向にあるという見方を示した。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。