新しい無線LANルーターを導入したのに、通信速度が速くならない。そんな経験をしたことがないだろうか。

 無線LANは有線LANと違い、自宅やオフィスなどの環境で規格の最高速度に近い速度の通信はできない。とはいえ、新しい規格の製品を導入したのに通信速度が向上しなければ、何か問題があるはずだ。

 その問題を解消できるのは「設定」であることが多い。Wi-Fi 6対応の無線LANルーターを導入したときに、通信速度をなるべく速くするポイントを紹介しよう。

まず5GHz帯を使ってみる

 Wi-Fi 6対応の無線LANルーターは、5GHz帯と2.4GHz帯の両方を利用できる。どちらを使ってもよいが、通信速度にこだわるならまず5GHz帯を使ってみよう。

 Wi-Fi 6では規格の最高速度は2.4GHz帯より5GHz帯のほうが速い。また5GHz帯のほうが無線LAN以外で利用する機器がほとんどないため、通信速度に影響を及ぼす干渉も少ない。だから、5GHz帯の使用をおすすめする。

 無線LANルーターで2.4GHz帯と5GHz帯の両方を使えるようになっていて、接続するパソコンやスマートフォンなどの端末がどちらの周波数帯を使っているかを調べるときは、端末側でSSIDを確認するとよい。SSIDとは無線LANルーターを識別するIDで、複数の周波数帯を備えた製品では周波数帯ごとにSSIDを変えていることが一般的だ。

 初期設定のSSIDはメーカーや製品によって異なるが、5GHz帯には「A」「a」、2.4GHz帯には「G」「g」などの文字が付加されていることが多い。正確なSSIDを知りたいときは無線LANルーターのきょう体の裏面を見てみよう。多くの製品がSSIDを記載している。

無線LANルーターきょう体の裏面。周波数帯ごとのSSIDが記載されていることが多い
無線LANルーターきょう体の裏面。周波数帯ごとのSSIDが記載されていることが多い
撮影:スタジオキャスパー
[画像のクリックで拡大表示]

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。