日本を代表するデジタルトランスフォーメーション(DX)先進企業と位置づけられる「DX銘柄2021」が、2021年6月7日に経済産業省と東京証券取引所から発表された。デジタル技術を活用してビジネスモデルや業務、組織、企業文化を変革し、競争力強化につなげている企業が選定される。

 DXは投資家の関心が高いテーマであり、同銘柄の発表は毎年、株式市場で注目を集めている。前身となる「攻めのIT経営銘柄」から数えて7回目となる今回は、前回(2020年)より7社少ない28社が選定された。

「DX銘柄2021」の企業一覧。DXグランプリと合わせて28社が選定された
(出所:経済産業省)
[画像のクリックで拡大表示]

 同銘柄は東証上場(第一部、第二部、マザーズなど)の約3700社を対象にしたアンケート調査を基に選定する。アナリストなど有識者らで構成する「DX銘柄評価委員会」が原則として業種ごとに1~2社を選ぶ仕組みだ。2021年は464社から応募があった。

 2021年は、国の認定制度「DX認定」に申請していることが条件に加わった。同制度は「情報処理の促進に関する法律」に基づき、「デジタルガバナンス・コード」の基本的事項に対応する企業を国が認定するもので、2020年5月に始まった。

 DX銘柄の初選出は8社。SREホールディングスと旭化成、出光興産、SGホールディングス、ソフトバンク、セブン&アイ・ホールディングス、東海東京フィナンシャル・ホールディングス、ベネッセホールディングスだ。一方、7年連続で選ばれた企業はアサヒグループホールディングスとブリヂストン、JFEホールディングス、JR東日本、東京センチュリーの5社だった。

 銘柄の中で、最もデジタル時代を先導する企業である「DXグランプリ」には、日立製作所と、不動産事業やAI(人工知能)などを手掛けるSREホールディングスの2社が選ばれた。SREホールディングスはDX銘柄に初選出ながら、DXグランプリに輝いた。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。