テレワークを実現するニーズの高まりを受け、簡単にリモートアクセスを実現できる「リモートデスクトップサービス(RDS)」を採用する企業が増えている。オフィスにあるパソコンにリモートでアクセスするRDSに近い形態で、サーバールームなどに集約した「ブレードPC」にリモートでアクセスも方法もある。ではリモートデスクトップサービスとブレードPCはどのように違うのだろうか。

初回公開:2021/08/23

 リモートデスクトップサービス(RDS)はオフィスにあるパソコンに社外の端末からアクセスして、リモートアクセスを簡単に実現するサービスである。プログラムはパソコン側で実行し、端末からは処理を指示する格好になる。

(出所:123RF)

 そのパソコンを社外からのアクセス専用に用意した「ブレードPC」で実現する方法もある。ブレードPCとは、ディスクやCPUをブレード状の筐体に実装して、集中管理を可能にしたパソコンである。

RDS(リモートデスクトップサービス)とは

 「リモートデスクトップ」は、広義ではある端末から別の端末にネットワーク経由で接続して、遠隔で接続された側の端末を操作すること。自宅などからオフィスにいるのと同じように作業したいというニーズに対応して、社内の通常のパソコンに外部の端末からリモートログインして、画面を転送する方式を使うサービスを「リモートデスクトップサービス」と呼ぶ。

RDS(リモートデスクトップサービス)とは

 ブレードPCはオフィスにあるパソコンとは異なり、サーバールームなど特定の場所に集約して設置することで、省スペースや省電力を可能にする。リモートアクセスのために専用の環境を用意し、コスト削減や運用の効率化を図るものだ。

 サーバールームに集約するところは仮想デスクトップ(VDI:Virtual Desktop Infrastructure)やサーバーデスクトップ共有(SBC:Server Based Computing)に近い形態といえる。ブレードPCは、端末とRDP(Remote Desktop Protocol)を呼ぶプロトコルでひも付け、デスクトップ環境をリモートで利用できるようにするのが一般的だ。

 これとは別に、記憶機能のない端末に実データを送り端末側で処理をするネットワークブートの方式のブレードPCも存在する。どちらも端末側に記憶機能はないが、後者は(1)データ実体を端末側で扱う、(2)プロブラムを実行するための能力が端末側に必要になるといったことから、RDSとは別の方式として考えるべきだ。

関連記事

リモートアクセスとリモートデスクトップサービスの違い

 リモートアクセスとは、遠隔地にあるコンピューターやサーバーなどにネットワークを利用して接続するという、広い意味を持つ言葉である。その実現方法によって、リモートからアクセスする側でできることが大きく変わる。リモートデスクトップサービスは、機能が大きく限定されたリモートアクセスの一手段といえる。

記事タイトルはこちら

リモートデスクトップサービスとVDI、SBCとの違い

 リモートデスクトップサービスでは、アクセスする対象はパソコンであり、パソコンと端末は1対1の関係となっている。これに対して、端末がアクセスする対象をサーバーとするのが、仮想デスクトップ(VDI:Virtual Desktop Infrastructure)やサーバーデスクトップ共有(SBC:Server Based Computing)である。

記事タイトルはこちら

リモートデスクトップサービスとWindowsリモートデスクトップとの違い

 パソコンと端末を簡単に接続するため機能をまとめたリモートデスクトップサービスとは別に、米MicrosoftはWindows 10 Proなどで、OSレベルでリモートアクセスが可能な機能「Windowsリモートデスクトップ」を公開している。パソコンと端末はRDP(Remote Desktop Protocol)というプロトコルで通信する。

記事タイトルはこちら