近年、「デジタルトランスフォーメーション(DX)」というキーワードが注目を集めています。多くのメディアに取り上げられ、「DX」というキーワードはビジネスマンだけでなく学生から高齢者まで広く認知されています。一方で、「DX」が何を意味するのかについては、あまり理解されていないよう です。

 経済産業省が2018年に発表した「DX推進ガイドライン」の定義を要約すると「企業が競争優位を確立するために、データとデジタル技術を活用して、新しい事業の創造や現行業務の変革に取り組むこと」です。

 DXが注目される背景は大きく2つあります。1つは国内市場の成熟化、グローバル化の進展、競合企業との競争激化、労働人口の減少などにより、企業には更なる生産性向上や新たな付加価値の提供が求められていること。もう1つはインターネット、スマートフォン、センサー、無線通信、クラウドAI(人工知能)、ロボティクスなどの画期的な新技術が次々と登場したうえで高性能化・低価格化が進んだことです。これにより、人の行動や動作、設備・機器の状況や状態など、従来のシステムが管理対象としてこなかったアナログ情報をデジタル化して活用するインフラ(デジタル技術)が整いました。

企業が業務変革型DXに取り組む背景
企業が業務変革型DXに取り組む背景
[画像のクリックで拡大表示]

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。