JFEスチールはデータサイエンティストとその候補となる人材を、習熟度によって4階層に分け育成している。この人材育成は2018年に開始し、2020年度末時点で350人のデータサイエンティストを育成した。2024年度末には600人への増員を掲げる。

図 JFEスチールでのデータサイエンティストの階層と教育内容
図 JFEスチールでのデータサイエンティストの階層と教育内容
DXの中核人材として「データサイエンティスト」を育成(出所:JFEスチールの資料を基に日経コンピュータ作成)
[画像のクリックで拡大表示]

 データ活用による操業の効率化を図るため、2017年10月にデータサイエンスプロジェクト部を設立。同部が主導する形でデータサイエンティストの育成プログラムを推進している。

 四辻淳一データサイエンスプロジェクト部主任部員は社員を育成する理由について「自社の業務や製造ラインを理解していないと、データ分析のポイントや結果の妥当性を評価できない。社内の人材を育成した方がノウハウの蓄積にもつながる」と話す。

 同社が定める育成階層は事務系を含む社員を対象とする「DS(データサイエンス)利用者」、技術系社員を対象とする「DS活用者」、製造部門エンジニアの一部を対象とする「DS伝道者」、製造部門エンジニアの一部に加えて研究部門の研究員を対象とする「DS先駆者」だ。このうち上位の「DS先駆者」と「DS伝道者」を「データサイエンティスト」と定義している。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。