LPWA(Low Power Wide Area)が狙う産業用IoT(Internet of Things)の市場には様々な用途がある。このためLPWAの規格も多様だ。その中から代表的な規格の技術的な仕様と最新動向を説明する。

主なLPWAの規格
主なLPWAの規格
[画像のクリックで拡大表示]

 LPWA規格の中で新規参入と言えるのが「Wi-Fi HaLow(ヘイロー)」だ。規格自体は2016年に「IEEE 802.11ah(以下、802.11ah)」として策定されていたが、対応製品がなかなか出てこなかった。

 だが、2021年11月にWi-Fi Allianceが認証プログラムを始めたことで、もうじき一般向けに対応製品が販売される。日本では2022年前半にも利用可能になる見通しだ。認証プログラムは始まったばかりだが、既に様々な試作機が作られている。

IEEE 802.11ah対応機器の例
IEEE 802.11ah対応機器の例
[画像のクリックで拡大表示]

 Wi-Fi HaLowは、高速化を目指す従来のIEEE 802.11シリーズとは異なる方向性で規格化された。

Wi-Fi HaLowの位置付け
Wi-Fi HaLowの位置付け
(出所:802.11ah推進協議会の資料に基づき作成)
[画像のクリックで拡大表示]

 ただ一方で802.11シリーズの色も残している。サービスの提供形態が、利用者が自前でゲートウエイ(基地局)を用意するプライベート型である点や、MAC層より上の層では802.11acをそのまま使う点だ。つまりWi-Fi HaLowはLPWAとしては珍しく、IPで通信できる。

 Wi-Fi HaLowの特徴の1つが、LPWAとしては通信速度が高速な点だ。日本では920MHz帯の単位チャネル(帯域幅は200kHz)を5個束ねた1MHzチャネルを使う場合、最大4.44Mビット/秒となる。この性能により用途が広がるという。

 日本で実用化を推進する802.11ah推進協議会の運営委員を務める北條 博史氏は「監視カメラの静止画像を送信する用途などが見込める」と説明する。

 ネットワークの接続形態は、スター型とツリー型に対応する。通信距離は1km程度だが、端末と基地局の間に中継器を置くことでツリー型にしてカバーするエリアを拡大できる。ただし、端末間のリレー通信には対応していない。

 無線LANの資産を多く流用できることも特徴だ。802.11ahは、802.11acの物理層の動作クロック周波数を10分の1にダウンクロックした規格なので、無線モジュールの半導体製品をゼロから設計する必要がなく安価に作れるという。また、MAC層よりも上の層も基本的に802.11acと同じである。

IEEE 802.11ahのMAC層の構造
IEEE 802.11ahのMAC層の構造
[画像のクリックで拡大表示]

 このため既存のTCP/IPプロトコルスタックなどが使えるほか、Wi-Fiにおけるセキュリティーの最新方式であるWPA3にも対応している。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。