Windowsの日本語入力ソフト「Microsoft IME」が大きく変化している。Windows 10 May 2020 Updateで機能が大幅に改良され、それを継承したWindows 11でも絵文字の入力画面やタッチキーボードのカスタマイズなど、多くの機能に加えられた。当初のWindows 10に慣れているとデザインも大きく変わっているので、戸惑っているユーザーもいるだろう。ここでは、新旧のMicrosoft IMEでどのように変わったのかを見ていこう。また古いMicrosoft IMEに戻す方法も紹介する。

候補一覧が複数列表示で見やすくなった

 Microsoft IMEは、文字を変換するときに変換候補は1列で9候補まで表示する。以前のMicrosoft IMEは変換候補が10を超えると、そのウィンドウを下にスクロールし目的の単語を探す必要があった。1~2文字の単語や人名など、多くの変換候補がある場合、非常に探しづらかった。

 Windows Microsoft IMEでは最初に1列で9個の変換候補を表示し、10個以上の変換項目に関しては複数列で表示する。多くの単語を見比べて選ぶことができ、目的の単語を探しやすくなった。

 細かいところでは、デスクトップ画面を黒を基調としたダークモードに設定したとき、変換候補の背景が黒に変わっている。

Windows 11のMicrosoft IMEは変換候補を複数列で表示する。また画面表示をダークモードに切り替えると、黒を基調とした表示に切り替わる
Windows 11のMicrosoft IMEは変換候補を複数列で表示する。また画面表示をダークモードに切り替えると、黒を基調とした表示に切り替わる
(画面写真は筆者が取得、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]

 以前のMicrosoft IMEは、Windowsの設定やコントロールパネルなど、複数の場所に設定画面が散らばっており、設定に困難を極めた。新しいMicrosoft IMEでは、Windowsの設定にまとめられており、各種設定がしやすくなった。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。