Windowsで日本語を入力していると、目的の単語が候補に出てこなかったり、カーソルなどが小さくて見にくかったりしてイライラしたことはないだろうか。Windowsの日本語入力ソフト「Microsoft IME」には、さまざまな設定項目が用意されているので、自分色に染めると使いやすくなる。より快適に日本語を入力できるようにカスタマイズしよう。

予測入力の表示タイミングを調節

 Windows 11は予測入力機能を持つ。最初の数文字を入力すると目的の単語を予測し、変換候補として表示する機能だ。キー入力の手間を大幅に省くことができる便利な機能だが、Windows 11の予測入力は1文字目を入力するだけで候補を表示するため、見当違いの候補を見て余計なお世話と感じる人もいるだろう。この予測入力のカスタマイズと次に紹介する辞書登録によって、日本語入力を大幅に快適にできる。

 予測入力機能の設定では、機能のオン/オフや、候補の表示を開始する文字数などを変更できる。

 設定の検索で「IME」を検索し、検索結果から「IMEの設定」を開くと「Microsoft IME」の設定画面が開く。「全般」内にある「予測入力」の設定項目を「1文字」から「2文字」「3文字」などに設定すると、候補を表示するタイミングが変更される。ここで「オフ」を選ぶと、予想変換機能は無効になる。

 流行語や人名などを頻繁に入力するなら、ネットから情報を入手して変換候補を表示する「クラウド候補」を有効にするとよいだろう。使ってみて不要だと感じたら、この設定画面でオフにできる。

Windows 11には予測変換機能を備える。標準設定だと画面のように1文字入力するだけで予測変換を表示する。この設定を変更できる
Windows 11には予測変換機能を備える。標準設定だと画面のように1文字入力するだけで予測変換を表示する。この設定を変更できる
(画面写真は筆者が取得、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]

候補に出てこない単語を登録する

 よく使う単語なのに入力候補に出てこないときは、辞書に登録しよう。積極的に活用すれば入力の快適度が上がる。

 通知領域のMicrosoft IMEのアイコンを右クリックし、メニューから「単語の追加」を選ぶと、単語の登録画面が表示される。この際、「ユーザーコメント」や「品詞」を正しく設定しておくと、誤変換しにくい。「登録と同時に単語情報を送信する」を選ぶと、米Microsoft(マイクロソフト)に匿名で登録情報を送信しMicrosoft IMEの機能向上に利用される。もしかしたら、送信した単語を登録してもらえるかもしれない。なお、住所や電話番号といった個人情報などを登録するときは、チェックを外したほうがよい。

 登録した単語はこの設定画面の「ユーザー辞書ツール」ボタンをクリックすると一覧表示できる。登録した単語を削除する場合は、一覧からその単語を選び「編集」から「削除」を選ぶ。

目的の単語が変換候補に表示されない場合、単語を自分で追加しよう。単語を登録するときに品詞を正しく指定しておくと、文節で変換するときに誤変換しにくい
目的の単語が変換候補に表示されない場合、単語を自分で追加しよう。単語を登録するときに品詞を正しく指定しておくと、文節で変換するときに誤変換しにくい
[画像のクリックで拡大表示]

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。