Windowsの日本語入力ソフトでは、標準で備わっている「Microsoft IME」のほかに、ジャストシステムの「ATOK for Windows」や米Google(グーグル)の「Google日本語入力」など、サードパーティーのソフトも利用できる。特にGoogle日本語入力は無料で使えることに加えて、macOS・Linuxなどでも利用できるマルチプラットフォームが魅力だ。

 Microsoft IMEからGoogle日本語入力に乗り換えるべきか。両者を比較した。

検索サイトの機能を応用したソフト

 Google日本語入力は、検索サイトのGoogleに備わる「もしかして」機能の技術を応用したといわれている。もしかして機能は、利用者が打ち込んだ内容から入力したい単語を予測してサジェストする機能だ。

 変換辞書はグーグルがWebから収集した情報を基に作成。また、検索候補はWeb上での単語の使い方をランキング付けし、優先候補とすべき単語を明確にして誤変換を劇的に減らしたとしている。

グーグルが提供する日本語入力ソフト「Google日本語入力」。同社のWebページ(https://www.google.co.jp/ime/)から入手可能。無料で使える
グーグルが提供する日本語入力ソフト「Google日本語入力」。同社のWebページ(https://www.google.co.jp/ime/)から入手可能。無料で使える
(画面写真は筆者が取得、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。