システム監視の常識が近年、大きく変化している。その1つがシステム監視ツールのSaaS(ソフトウエア・アズ・ア・サービス)化だ。最新のシステム監視SaaSの実力はどれほどのものか。システム監視SaaSを導入することで運用管理チームをわずか3カ月で立ち上げた三井住友ファイナンス&リースの事例から探ろう。

クラウドサービスの運用体制を3カ月で立ち上げ

 三井住友ファイナンス&リースは2021年5月に開始した資産管理のクラウドサービス「assetforce(アセットフォース)」のシステム監視に、米Datadog(データドッグ)のシステム監視SaaSである「Datadog」を採用した。

 三井住友ファイナンス&リースのassetforceは社内エンジニアが内製したサービスで、顧客企業の社内にある産業機器など資産の稼働状況などをリアルタイムに管理できる。原型となるシステムのプロトタイプは2019年4月から開発を始め、社内で検証を進めてきた。

 検証結果が良好だったことから、外部に本格的にサービスを提供することを決めたが、外部顧客に有償で提供するからには、サービスの品質管理が欠かせない。そこで2020年11月にassetforceの運用管理チームを発足させ、わずか3カ月後の2021年1月から運用監視システムを稼働し始めた。

 assetforceの運用管理チームを率いるのは、三井住友ファイナンス&リースのシステム企画部デジタル開発室に所属する森本悠太リードスペシャリストだ。森本氏はITインフラストラクチャーの運用管理の経験があり、運用管理チームをゼロからつくる際に「システム監視とバックアップの2つが整えば、運用管理の8割は完成する」(森本氏)との見積もりがあった。

 assetforceのITインフラはAmazon Web Services(AWS)を採用するため、バックアップについてはAWSのバックアップサービスを選べば「あとは手順書を作るだけ」(森本氏)だった。残るシステム監視については、複数のSaaSを検討した上でDatadogの採用を決めた。

テンプレートを選ぶだけでシステム監視を始められる

 Datadogを選んだ理由について森本氏は「ITインフラについての専門知識がなくても、テンプレートを選ぶだけでシステム監視を始められるといった導入の容易さ」を挙げる。森本氏はassetforceの運用管理チームを作るために、自身以外のチームメンバーを採用する必要すらあった。しかし「ITインフラの専門スタッフを外部から採用したり、新たに育成したりするのは難しい」(森本氏)。そうしたチームの事情に、簡単に使えるDatadogがマッチした。

 例えばDatadogであれば、システムの運用状況を把握できるダッシュボードの画面を「1時間ぐらいの作業時間で作成できる」(森本氏)。ダッシュボードには、assetforceのレスポンスタイム(応答時間)の推移がサブシステムごとにグラフで表示される。このレスポンスタイムは、Datadogが運用するロボットが実際にassetforceのWebサイトへアクセスし、画面を操作することで計測した数値である。

Datadogのダッシュボード画面例
Datadogのダッシュボード画面例
出所:米Datadog
[画像のクリックで拡大表示]

 このほかダッシュボード上には、AWSで使用する各仮想マシンのCPU使用率のほか、「Amazon RDS」などデータベース(DB)サービスの稼働状況なども一覧表示され、安定稼働しているものは緑色で、問題があるものは黄色や赤色などで色分けされている。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。