今回は企業向け無線LANの構築を容易にする技術であるクラウド型無線LANサービスを紹介しよう。

WLCを自前で用意せず集中管理

 クラウド型無線LANサービスを使えば、サービス提供事業者がクラウドサービスに実装した無線LANコントローラー(WLC)を使える。このため利用者は調達や初期設定の手間を軽減できる。企業向け無線LANの導入時に特に負担となる、認証の仕組みを合わせて提供するサービスが多い。

クラウド型無線LANサービスの特徴
クラウド型無線LANサービスの特徴
[画像のクリックで拡大表示]

 クラウド型は、費用のかかり方がオンプレミスとは異なる。オンプレミスのWLCを導入する場合、アプライアンス製品だと1000万円近くするものもある。クラウド型はWLCを購入する必要がないため初期費用を低く抑えられる。その点でも導入は容易と言えるだろう。一方で月々のライセンス費用などで維持費用は高くなる。

 多くのクラウド型無線LANサービスはネットワークの設定を変更するWLCの機能だけでなく、管理を効率化する機能を備えている。例えば無線LANアクセスポイント(AP)を含むネットワーク機器の監視は、オンプレミスとは異なり、専用の監視サーバーを構築する必要がない。

 ネットワーク機器の設定値や固有情報などの一覧が可能なインベントリー管理の機能も、運用負荷の軽減に寄与する。利用状況をヒートマップなどにして可視化する機能もある。

クラウド型無線LANサービスの主な機能
クラウド型無線LANサービスの主な機能
[画像のクリックで拡大表示]

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。