米Google(グーグル)は検索サイトの「Google」をはじめとした多くの無料Webサービスを提供している。この特集でもWeb会議の「Google Meet」やオンラインストレージの「Googleドライブ」、翻訳の「Google翻訳」を取り上げてきた。このほか、メールの「Gmail」や動画共有の「YouTube」などもすべてグーグルのサービスだ。

 今回はグーグルのWebサービスの中で、筆者がよく使うものを取り上げ、便利な使い方や他サービスとの違いなどを紹介する。

Googleマップとの連携で地図やルート探索も楽々

 WebブラウザーのURL欄に「google.co.jp」と入力すればアクセスできる検索サイトのGoogleでは、入力した内容に合致したWebサイトを表示する検索機能のほか、さまざまな機能を提供する。

 例えば、会社名や飲食店を入力して検索を実行すれば、公式サイトや食べログなどの評価だけでなく、グーグルが提供する地図サービス「Googleマップ」と組み合わせて、地図や口コミ、ルート検索へのリンクなども表示する。関連する動画や画像、ニュースなども検索できる。

検索サイトのGoogleで「日経BP」を検索したところ
検索サイトのGoogleで「日経BP」を検索したところ
(出所:米Google、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]

 画像検索では、検索キーワードとしてテキストの代わりに画像を指定することも可能。画像を解析して関連するキーワードを表示したり、指定した画像と同じ画像を使ったサイトを探したりしてくれる。

 筆者が便利だと感じるのは、さまざまな計算を自動でやってくれることだ。例えば、外貨から日本円への為替計算は外貨の金額を入力するだけで実行できる。検索窓に「100ドル」と入力して検索を実行すると、日本円を表示する。

「100ドル」と入力して検索を実行したところ
「100ドル」と入力して検索を実行したところ
[画像のクリックで拡大表示]

 この為替計算結果には計算ツールが表示される。このツールを使えば、金額を変更したり日本円から外貨への計算をしたりできる。

 自動計算は為替だけではない。オンス・インチといった単位の数量を入力すれば、グラム・メートルといった国際単位系に変換してくれる。

「10オンス」と入力すると、グラム換算した値を表示してくれる
「10オンス」と入力すると、グラム換算した値を表示してくれる
[画像のクリックで拡大表示]

 単位変換でも計算ツールが表示される。計算ツールのプルダウンメニューで「エネルギー」(ジュールとキロカロリーを変換)や「圧力」(パスカルとバールを変換)などに切り替えると、別の単位変換も可能になる。

単位換算ツールではプルダウンメニューから換算する単位を変更できる
単位換算ツールではプルダウンメニューから換算する単位を変更できる
[画像のクリックで拡大表示]

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。