コロナ禍の影響でWeb会議はすっかり定着した感がある。今後も盛んに開催されることだろう。そこで工夫したいのがWebカメラの映りの向上だ。

 僕も多数のWeb会議に参加しているのだが、ひどい映像で参加している人が少なからずいる。商談などでは、映りが悪いと結果に影響しかねない。身だしなみを整えるように。Webカメラの映りを少しでも良くしたいところだ。

 今回は、市販のWebカメラを利用する際の映りを良くする方法と、ノートパソコンの内蔵カメラでも使えるテクニックを紹介する。

古いノートパソコンの内蔵カメラは暗く映ることも

 最近発売されたノートパソコンの内蔵カメラは高画質になってきているが、数年前のものだと内蔵カメラの画質が悪い場合もある。今回は例として、2年ほど前に購入したThinkPad T14sの内蔵カメラを検証に利用した。

 普通に撮影した映像は暗く、印象が悪い。このカメラを特に意識せず使っていると、相手に悪い印象を与えてしまいそうだ。特にテレワークでは、窓が背中側にあるなどの理由で逆光になることがあり、そうなるとさらに顔が暗く映る。

 今回はZoomのアプリを利用し、外見補正を利用し低照度の画質調整をオンにして検証した。一般的な使い方だと思われるが、アプリによる調整にも限界があるのだ。

ノートパソコンの多くはカメラを内蔵している
ノートパソコンの多くはカメラを内蔵している
(撮影:アバンギャルド、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]
ノートパソコンの内蔵カメラは、画質が悪く顔が暗く映る場合がある
ノートパソコンの内蔵カメラは、画質が悪く顔が暗く映る場合がある
[画像のクリックで拡大表示]

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。