一時テレワークにかじを切っていた企業のオフィスにも、従業員が戻り始めた。だからといって完全出社に戻すわけではなく、リアル・オンラインのどちらかを選べるようにすれば、柔軟な働き方が可能になり皆がハッピーになるように思える。だが、話はそれほど単純ではない。

 ハイブリッドワーク環境ではどうしてもリアルの人たちが中心になり、オンラインで働く人が取り残されがちになる。ハイブリッドワークの運用ルールが上司によって異なり、混乱を生む。出社時も在宅勤務時も同じPCを使うため、セキュリティー上のリスクがある。――既にこうした問題が指摘されている。

 ハイブリッドワークのメリットを生かしながら、課題をどう克服していくか。参考になる記事をまとめた。