専門知識を持たない業務部門も、自らシステムを開発できる「ノーコード/ローコード」。プログラミングの手間を減らし、開発の裾野を広げることが注目され、多くの企業が取り組みを始めている。

 ただしローコード/ノーコード開発を取り入れたからといって、本当に有用なシステムがつくれるとは限らない。現場が好き勝手に開発したシステムが乱立し、管理が難しいといった問題も起こりうる。

 ローコード/ノーコード開発を成功させるには、先進事例の取り組みを学びながら、いくつかの勘所を押さえる必要がある。参考になる情報をまとめた。