「デジタルツイン」の導入が国内でも進んでいる。コンピューター上の仮想空間に、現実世界を模した「双子」となる世界を構築することを指す。センサーやカメラの情報を用いて現実空間の状況を仮想空間に反映し、製造設備の保守や建物の管理などに生かす。

 デジタルツインは、様々な技術の集合体だ。現実世界の状況を把握するセンサーやカメラ、そこで得られたデータを送信・蓄積する仕組み、集まったデータを基にシミュレーションするための機械学習システムなどが必要だ。これらを適切に組み合わせ、運用するスキルも求められる。エンジニアにとっては「技術の総合力」が問われるといえる。

 デジタルツインの活用をいち早く進める企業の取り組みや、効果を上げるための勘所が分かる記事を集めた。