マイクロサービスアーキテクチャーの採用が広がっている。独立した複数のサービスの組み合わせでシステムを構築する手法である。1つのサービスを変更したときの影響範囲を限定することで、迅速な改変を可能にするのが大きなメリットだ。

 マイクロサービスアーキテクチャーはDX(デジタルトランスフォーメーション)を支えるアプリケーション開発の手法として欠かせない存在になりつつある。一方で、その開発や運用には従来とは異なるノウハウが求められる。例えば障害発生時、原因がどのマイクロサービスにあるかを特定するには、ログ収集や分析、通知などの仕組みを整備する必要がある。

 マイクロサービスアーキテクチャーに取り組む企業の狙いとは。開発・運用における課題や解決策とは。参考になる記事をまとめた。