ランサムウエア(身代金要求型ウイルス)の被害が急増している。データを暗号化してその復旧に身代金を要求するマルウエアで、企業が事業を停止せざるを得ない事態も起こっている。その脅威と対策を理解するために役立つ記事をまとめた。

 最初に取り上げるのは、代表的な攻撃事例だ。自動車部品メーカーをはじめ、名だたる企業がランサムウエアの被害に遭っている。

 いつどの企業が同じような被害に遭ってもおかしくない。そこで各社は対策を強化している。多くに共通するのが、不正侵入される可能性を前提に、その後の対策を強化していること。例えばauカブコム証券は、社内の端末の不審な振る舞いを検知し、時系列で把握できるようにしている。生産現場がランサムウエア被害に遭ったシナリオを想定し、経営陣向けの研修を実施する積水化学工業のような取り組みもある。

 ランサムウエア攻撃のテクニックや対策のポイントを知るには、次の資料も有用だ。自社で守りを固める手段だけでなく、他社サービスを活用するための勘所も解説している。