「人が足りない」という悩みのない企業は少ないだろう。特に不足が叫ばれるのはIT人材だ。最新の技術を理解し、事業に生かせる人材を増やすにはどうしたらよいか。参考になる記事をまとめた。

 キーワードは「リスキリング」や「リカレント」だ。社会人が働きながら新たな知識を身につけ、新たな業務に対応できるようにする。以下に紹介するように、そのための講座も増えている。これからのビジネスパーソンは、一生リスキリングを続けなければ働き続けられないかもしれない。

 だが、自学自習には限界がある。学ぶには時間も費用もかかるうえ、モチベーションの維持も課題になる。企業が教育の重要性を認識し、きちんと投資すべきだ。企業と国立高等専門学校機構とが連携し、半導体人材の育成に取り組む動きも始まっている。

 とはいえ、具体的にどのように人材を育成したらよいか分からないという企業は多いだろう。以下の資料にポイントがまとまっている。

 人材育成で成果を上げている企業の事例もある。「楽しさ」「自分ごと化」などのキーワードは、自社の取り組みを活発化させるうえでヒントになるだろう。