Web会議でストレスになるのが、音のトラブル。相手の声が聞こえなかったり聞き取れなかったりすると、「すみません、もう一度話してください」とお願いするしかない。たいてい先方に原因があるのに、何度も言い直しをお願いして逆にイラっとされたらたまらない。

 また大人数が参加する会議で、音が出ない1人だけのために他の参加者が待たされたら舌打ちが聞こえてきそうだ。

 Web会議における音声トラブルの原因は、利用者のうっかりミスやハードウエアの問題などさまざまだ。今回は、トラブルの原因とその対処方法を紹介しよう。

聞こえないと指摘されたら、真っ先にここをチェック

 Web会議の参加者から「聞こえない」と指摘されたら、真っ先にマイクがミュートになっていないかを確認しよう。ビデオ映像では口がパクパク動いているのに音が聞こえないときは、これが原因であることが多い。

マイクが動作していないようならまずは「ミュート」をチェック。Zoomは画面左下にあるマイクのアイコンで確認できる
マイクが動作していないようならまずは「ミュート」をチェック。Zoomは画面左下にあるマイクのアイコンで確認できる
(画面写真は筆者が取得、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]

 ミュートになっていないのに相手に音が届かないときは、Web会議ツールのアプリでマイクが正しく選択されているかを確認する。利用予定のマイク以外のデバイスが選択されていたら選択し直す。

 ZoomとWebexのアプリなら、マイクアイコンの横にある矢印マークをクリックしてデバイスを選択する。Google Meetは「・・・」メニューから「設定」を開き、「音声」タブで設定する。Teamsは「・・・」メニューから「デバイスの設定」をクリックすると設定パネルが開く。

 WebブラウザーでWeb会議に参加する場合は、ブラウザーにマイクへのアクセスを許可しておく必要がある。カメラも同じようにポップアップが表示されるのだが、これはブラウザーが勝手にハードウエアにアクセスしないようにするセキュリティー機能が働いているからだ。このとき、「ブロック」を選んでしまうと、マイクやカメラを利用できなくなってしまう。「許可」をクリックしよう。

 もし誤った操作などでブロックしてしまったら、ブラウザーの設定画面でブロックリストを削除して、アクセスし直せばよい。例えば、Chromeの「設定」の「プライバシーとセキュリティ」から「動作のカスタマイズ」→「マイクの使用を許可しないサイト」でブロックしてしまったサイトを探し、右側のごみ箱アイコンをクリックすればいい。同様に、間違って許可してしまったサイトは「マイクの使用を許可するサイト」の一覧から削除できる。

WebブラウザーでWeb会議ツールを初めて利用する場合はマイクやカメラへのアクセスを許可しておく
WebブラウザーでWeb会議ツールを初めて利用する場合はマイクやカメラへのアクセスを許可しておく
[画像のクリックで拡大表示]
誤ってアクセスをブロックしてしまったら設定画面から変更すればよい
誤ってアクセスをブロックしてしまったら設定画面から変更すればよい
[画像のクリックで拡大表示]

 逆に先方の声が聞こえない場合、まず音量をチェックする。音量に問題がなければ、利用予定のスピーカーが選択されていない可能性がある。

利用したいスピーカーが選択されているかを確認し、選択されていなかったら選択し直す。画面はZoom
利用したいスピーカーが選択されているかを確認し、選択されていなかったら選択し直す。画面はZoom
[画像のクリックで拡大表示]

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。