Microsoft Vivaラーニング(以下、Vivaラーニング)でお薦めのコンテンツを見つけたら、他の社員と共有してみよう。チャネル内にアプリのタブを追加して、まとめて共有することも可能だ。今回は共有方法を紹介する。

 なお、本連載ではMicrosoft 365 Business Standardのプランで、主にWebブラウザー経由で動作を確認している。Officeのバージョンや仕様変更、ユーザー環境によっては、ここで説明する機能が使えない場合や画面が異なる場合がある。

TeamsでVivaラーニングのコンテンツを共有する

 Vivaラーニングでコンテンツを共有するときは、コンテンツの「共有」から操作する。コンテンツのタイトル上部にある「共有」をクリックし、「Teams」をクリックする。共有するための画面が表示されるので、共有先のチャネルを指定して「共有」をクリックするとリンクが共有される。

TeamsでVivaラーニングのコンテンツを共有するには、「共有」をクリックして「Teams」をクリックする。「Microsoft Teamsで共有」画面で共有先や説明を入力し、「共有」をクリックすると共有が始まる。「Teamsに移動」をクリックして共有内容を確認できる
TeamsでVivaラーニングのコンテンツを共有するには、「共有」をクリックして「Teams」をクリックする。「Microsoft Teamsで共有」画面で共有先や説明を入力し、「共有」をクリックすると共有が始まる。「Teamsに移動」をクリックして共有内容を確認できる
(出所:Microsoft、画面写真は筆者が取得、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]

 「リンクが共有されました」と表示された画面で「Teamsに移動」をクリックすると、指定したチャネルの「投稿」タブにコンテンツのURLとメッセージが投稿されたことが確認できる。URLをクリックすると、Teams内でVivaラーニングが起動し、コンテンツの詳細画面が表示される。

Teamsが起動し、指定したチームの「投稿」タブにコンテンツのURLが投稿される。URLをクリックすると、Vivaラーニングが起動し、コンテンツの詳細画面が表示される
Teamsが起動し、指定したチームの「投稿」タブにコンテンツのURLが投稿される。URLをクリックすると、Vivaラーニングが起動し、コンテンツの詳細画面が表示される
[画像のクリックで拡大表示]

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。