2020年7月23日より2週間連続全社一斉テレワークを2000人規模で実施

2021年以降も夏休みファミリーテレワークとして定着化を検討

 

 レノボ・ジャパン株式会社(本社東京都千代田区、代表取締役社長デビット・ベネット、以下レノボ)およびレノボ・エンタープライズ・ソリューションズ株式会社、モトローラ・モビリティ・ジャパン株式会社、NECパーソナルコンピュータ株式会社のレノボグループ4社は、来たる2020年夏の世界的スポーツイベントに合わせ、2020年7月23日から8月10日までの19日間で2日の「スポーツ応援特別休暇」を実施し、期間中4連休2回、3連休1回の勤務とします。さらに、残る8営業日については原則(注)として社員は全員自宅などからテレワークをする「全社一斉テレワーク」を実施します(以下総称して「2020年スポーツ応援ホリデー&テレワーク」)。このプログラムによりレノボ関連4社勤務の約2000人が19日間オフィスに通勤しなくなります。

 レノボは総務省の推進する働き方改革キャンペーン「テレワークデイズ」の特別協賛団体(申請中)であり、今回の「2020年スポーツ応援ホリデー&テレワーク」は、その一環として2020年夏のスポーツイベントで予想される都内の混雑緩和に貢献します。また社員が通勤する時間を家族とスポーツ観戦をする時間に充てるなど、従業員満足度の向上を同時に図ります。

 レノボは2015年より従業員のテレワーク取得に条件を設けない「無制限テレワーク制度」を実施してきており、また2016年より毎年原則として全員がオフィスに出勤しない「全社一斉テレワークデー」を実施してきた実績があります。さらに本年中にはこれを拡大させた「全社一斉テレワークウイーク」を実施する計画(時期未定)で、2020年の「2020年スポーツ応援ホリデー&テレワーク」実施に向け業務への影響がないよう、万全の準備を進めてまいります。

 「2020年スポーツ応援ホリデー&テレワーク」によって、猛暑期の通勤の負担が軽減され、また就学中の家族のいる家庭では約40日の夏休みのうち半分以上の日数を家庭で過ごせることになります。そこで2020年の実施の後その成果を評価し、2021年以降も「夏休みファミリーテレワーク(仮称)」として今回の取り組みを定着させることを検討します。

 (注)修理センター、生産工場などの現場スタッフ、コンタクトセンターなど個人情報を扱う部署では一部テレワークの対象とならない従業員があります。

 Lenovoは、Lenovoの商標です。

 その他の製品名および会社名は、それぞれ各社の商標または登録商標です。

<レノボについて>

 Lenovo(HKSE:992/ADR:LNVGY)は、Fortune Global 500に含まれる売上高450億米ドルの企業であり、スマートデバイス、インフラシステムなどにより最高のユーザーエクスペリエンスを提供し、Intelligent Transformationを実現させるビジョンを持ちます。レノボは非常に広範なコネクテッドデバイス製品を製造する企業で、スマートフォン(モトローラ)、タブレット、PC(ThinkPad、Yoga、Lenovo Legionなど)ワークステーションおよびAR/VRデバイス、スマートホーム/オフィス製品などを提供しています。レノボはまた、今後社会やビジネスが相互につながり変革してゆくために必要とされるコンピューティングのパワーとキャパシティを次世代のデーターセンターソリューション(ThinkSystem、ThinkAgile)によって提供します。レノボはすべての人の優れた力を呼び起こし、誰もが発展するよりスマートな未来を創ることを目指しています。LinkedIn, Facebook, Twitter, Instagram, Weibo、Storyhubで最新情報を提供しています。レノボの詳細については、 https://www.lenovo.com/jp/ja/ でご覧いただけます。