フランクフルト 4 データセンターを開設

〜フランクフルトにおけるデータセンター供給能力を1.4倍に拡大〜

 

 NTTコミュニケーションズ株式会社(以下 NTT Com)は、欧州のグループ会社 e-shelterを通じて、「ドイツ フランクフルト 4 データセンター」(以下 「FRA4」)を開設し、2019年7月以降サービス提供を開始する予定です。本データセンターは、フランクフルト郊外のハッタースハイムにおいて、サーバールーム面積約4,800m2(1,900ラック相当)を保有し、今後需要に応じて、最大約24,000m2(9,500ラック相当)、総電力供給容量80MWまで拡張していく予定です。

1. 背景

 フランクフルトは、ドイツの金融、商業の中心地であることに加えて、クラウド事業者を始めとするITサービス事業者や、製造業の企業が進出しています。NTT Comは、現在欧州では7カ国(ドイツ、イギリス、スイス、オーストリア、フランス、スペイン、オランダ)でデータセンターサービスを展開しています。なかでも、ドイツのフランクフルトにおいては、欧州最大となる4拠点のデータセンターを展開しており、今回、さらなる需要に応えるため、新たに「FRA4」を開設します。これにより、今後の拡張分を含め、フランクフルトにおけるデータセンター供給能力を最大1.4倍(※1)に拡大します。

  [別紙1]欧州のデータセンター

 *参考画像は添付の関連資料を参照

 *以下は添付リリースを参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0513113_01.JPG

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0513113_02.pdf