ALSI、SSL通信の監査機能を強化したWebフィルタリングソフト「InterSafe WebFilter Ver.9.1」を7月1日より販売開始

-A10 Thunder CFWとの連携強化で低コスト・ハイパフォーマンスな情報漏洩対策が可能に-

 

 アルプス システム インテグレーション株式会社(本社:東京都大田区、代表取締役社長:永倉 仁哉、以下ALSI〔アルシー〕)は、Webフィルタリングソフト「InterSafe WebFilter」(インターセーフ ウェブフィルター)」をバージョンアップし、2019年7月1日より販売開始することを発表いたします。

 ・製品名:Webフィルタリングソフト「InterSafe WebFilter Ver. 9.1」

 ・販売開始日:2019年7月1日

 ・主な追加機能/強化ポイント:

  (1)A10 Thunder CFWとの連携強化による、低コストでハイパフォーマンスなSSL通信監査機能の提供

  (2)Webサービス利用のアカウント単位での制御による、シャドーIT対策

  (3)Web Isolation(分離・無害化)製品との連携による、Web閲覧の安全性向上

 ・ターゲット:企業、教育機関、官公庁、自治体、金融機関など

 ・詳細情報URL: https://www.alsi.co.jp/security/is/

■バージョンアップの背景

 より安全なWeb利用を実現するために、今日ではWebアクセスにおけるHTTPS化(SSL化)が急速に進んでいます。その一方で、通信内容を復号しない限り、セキュリティチェックができない状況を逆手にとり、暗号化された通信を悪用することで攻撃を隠蔽し、セキュリティ製品による検知を逃れる巧妙な新種のサイバー攻撃も増加しています。

 政府のサイバーセキュリティ戦略本部が発表している「政府機関等の情報セキュリティ対策のための統一基準(平成30年度版)」においても、暗号化通信の監査に関する要件が重要視されており、SSL通信の可視化ならびに制御への対応が急務である一方で、その対策に係るコストやパフォーマンスの担保も課題となっています。

 このような課題に対応するため、ALSIは、パフォーマンスを損なうことなく、かつ低コストにSSL通信の監査を強化し、多様化するWebアクセス環境における多角的な情報漏洩対策を実現するWebフィルタリングソリューションとして、「InterSafe WebFilter」の機能を強化いたします。

 ※以下は添付リリースを参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0513329_01.pdf