工場IoTのエッジ領域でノンプラグラミング開発が行える「HULFT IoT」新バージョンを提供開始

〜エッジコンピューティング プログラム開発機能「EdgeStreaming」を追加〜

 

 株式会社セゾン情報システムズ(本社:東京都港区、代表取締役社長:内田 和弘、以下「セゾン情報システムズ」)は、IoT(Internet of Things/モノのインターネット)機器からのデータ連携を安全確実に行う「HULFT IoT」の最新版「HULFT IoT Ver.2.0」を2019年7月3日より提供開始いたします。

 新バージョン「HULFT IoT Ver.2.0」では、工場IoTのシステムの負荷分散やネットワーク通信量の削減を行うエッジコンピューティング(※1)の一連のデータ連携処理を、“ノンプログラミングで開発”できる新機能「EdgeStreaming」を追加しました。

 「EdgeStreaming」活用により、工場の生産管理部門の課題として顕在化しているOT(運用技術)とIT(情報技術)の連携技術に関するエンジニアリングコストを大幅に削減し、工場のIoT化を強力に支援します。

 *参考資料は添付の関連資料を参照

【「EdgeStreaming」リリースの背景】

 あらゆるものがネットにつながるIoT技術が普及期に入り、製造業の現場においても本格的なIoT技術の活用が進んでいます。工場でのIoT化は生産工程のデータを見える化することであり、情報技術(IT)分野での知識が必要とされ、これまでの手法を用いた生産現場の運用技術(OT)だけでは、十分ではありません。IoTデータ活用のニーズの高まりとともに、OT/IT双方の知識を持った人材が不足しています。

 HULFT IoT Ver.2.0は、こうした現場の課題やIoT導入企業の増加を受けて、エッジコンピューティング プログラム開発機能「EdgeStreaming」をリリースいたしました。

 *以下は添付リリースを参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考資料

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0513634_01.JPG

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0513634_02.pdf