国内初、IIJmioでeSIM対応のデータ通信サービスを開始

--フルMVNOサービスの一環として、ユーザが手軽に通信キャリアを切り替えられるeSIMサービス「IIJmioモバイルサービス ライトスタートプラン(eSIMベータ版)」を提供--

 

 株式会社インターネットイニシアティブ(IIJ、本社:東京都千代田区、代表取締役社長:勝 栄二郎、コード番号:3774 東証第一部)は、個人向けモバイルサービス「IIJmio(アイアイジェイミオ)モバイルサービス」において、eSIM 対応のデータ通信サービス「IIJmio モバイルサービス ライトスタートプラン(eSIM ベータ版)」を2019 年7 月18 日より提供開始いたします。

 併せて、割引やデータ通信量をプレゼントする「eSIM デビュー応援キャンペーン」や、IIJmio 公式Twitter アカウントをリツイートしていただくと「サーティワン アイスクリーム レギュラーシングルギフト券」などが当たる「ギガ足りてる?eSIM 発売記念Twitter キャンペーン」を実施いたします。

■開発の背景

 IIJ では昨年より、フルMVNO(※)として自社の加入者管理機能(HLR/HSS)を使い、通信サービスの利用に必要な加入者情報(プロファイル)を遠隔で eSIM にダウンロードできるeSIM プラットフォームを構築し、eSIM 搭載端末との動作検証を行ってまいりました。eSIM 搭載のデバイスが今後普及していくことを見据え、今般、正式サービスの提供に先立ちベータ版サービスを開始します。SIM ロックフリー端末で利用できるeSIM 対応の通信サービスは、国内初となります。

 ※フルMVNO は、移動体通信事業者(MNO)から基地局などの無線アクセス設備の提供を受けて運営する仮想移動体通信事業者(MVNO)の中で、MNO のコアネットワーク設備の一部である加入者管理機能(HLR/HSS)を自社で保有・運用する事業者です。 詳しくは、以下サイトをご覧ください。

  https://ent.iij.ad.jp/category/full-mvno/

■eSIM のメリット

 eSIMは、物理的なSIMカードを抜き差しせずに、通信サービスの利用に必要なプロファイルを遠隔で書き込める組み込み型のSIM で、今後普及が加速すると期待されています。ユーザは、従来のようにSIMカードを挿入することなく、eSIM を搭載したスマートフォンやタブレット等にプロファイルをダウンロードするだけで、手軽に通信キャリアを切り替えることができます。

■本サービスの活用例

 iPhone XS など、SIM スロットに挿入された既存のSIM とeSIM をデュアルで活用することが可能な機種では、本サービスを2 回線目として併用することで、例えば、毎月のデータ容量が足りなくなったときだけeSIM(IIJmio)に切り替えることができます。また、このような機種では、SIM スロットに音声通話用のSIM カード、eSIM にはデータ通信専用のIIJmio を日頃用いることで、海外滞在中は現地通信事業者のデータ通信用eSIM を契約して手軽にインターネットを利用しつつ、同時に現地での音声の待ち受けも可能になるといった、これまでにない利用方法も実現可能です。

 *以下は添付リリースを参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0513641_01.pdf