社内システムの集約で部署横断した情報の一元管理が可能

〜「ServiceNow」の導入から開発、維持運用までを支援〜

 

 株式会社NTTデータ(以下:NTTデータ)、NTTデータ先端技術株式会社(以下:NTTデータ先端技術)と株式会社NTTデータ SMS(以下:NTTデータ SMS)は、企業や組織のシステム運用などの業務を集約できるサービス「ServiceNow」(注1)を7月8日より販売開始します。

 「ServiceNow」は、従来手動で管理していたインシデント管理、顧客からの問い合わせ管理等のさまざまな情報・運用業務を集約することにより、システム運用におけるマニュアル作成費用等のコスト削減や、社員の作業品質向上に寄与するための基盤サービスです。本サービスにより、部署横断での情報の利活用等も可能となり、社内申請や手続きが一元管理でき、迅速な対応・修正を行えます。NTTデータグループ3社は、「ServiceNow」導入のコンサルティング、開発支援、維持運用支援を提供します。

 今後、NTTデータグループ3社は、本サービスを通じてシステム運用を始めとするさまざまな業務のデジタルトランスフォーメーションを支援していきます。

【背景】

 昨今、企業におけるシステム運用は、クラウド利用やシステム構成の多様化など、大きく環境が変化しています。機能が一元化していない環境下では、運用プロセスや運用ツールが数多く存在するため、利用者はコスト面や操作ミス、マニュアル整備などの課題がありました。そのため、NTTデータグループではコンサルティングや開発支援、維持運用も含め、システム運用の一元化が可能となる「ServiceNow」の導入を支援することにしました。

【概要(特長)】

 「ServiceNow」は、従来手動で管理していたさまざまな情報・運用業務を集約し、システム運用を効率化するサービスです。システム運用だけでなく、部署を横断して情報の利活用等が可能となるサービスです。インシデント管理などを担うITサービスマネジメントの機能や財務管理、顧客からの問い合わせ管理など、さまざまな領域に対応できます。

 「ServiceNow」では、それぞれ独立した製品を導入する必要なく、必要な機能のみを迅速に利用することができます。

 ■「ServiceNow」の主な機能

  ・ITサービスマネジメント:インシデント管理、問題管理、変更管理、構成管理、資産管理など

  ・ITオペレーションマネジメント:イベント管理、ディスカバリー(システム構成情報の自動取得)など

  ・カスタマーサービスマネジメント:問い合わせ管理、サービスポータル(顧客向けのポータルサイト)など

  ・ITビジネスマネジメント:要求管理、プロジェクト管理、ポートフォリオ管理、財務管理、リソース管理など

 ■システム運用における「ServiceNow」の利用イメージ

  「ServiceNow」は、カスタマイズが容易であり、画面や申請ワークフローなどの要件の変化に強いシステム運用を顧客に提供することができます。また、単一のプラットフォームで各機能が提供されているため、各機能をつなげることも容易です。例えば、手動で行っている顧客からの問い合わせや監視システムからのアラートを、インシデント管理等へ途切れずにつなぐことで、インシデントの起票を自動化できます。

 ※以下は添付リリースを参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0513786_01.pdf