イクシスと凸版印刷、社会・産業インフラの施工から点検・維持管理までの生産性向上に向けて協業

〜点検ロボットと三次元形状生成エンジン及びデータ解析サービスを連携し、「社会・産業インフラ向け三次元形状計測・生成・解析プラットフォーム」の共同開発を開始〜

 

 株式会社イクシス(本社:神奈川県川崎市、代表取締役:山崎文敬・狩野高志、以下 イクシス)と凸版印刷株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:麿秀晴、以下 凸版印刷)は、「社会・産業インフラ向け三次元形状計測・生成・解析プラットフォーム」の共同開発で協業します。

 本協業では、イクシスが提供するインフラ点検ロボット及びAIを活用した取得データ解析サービスと、凸版印刷が提供するデジタルカメラで撮影した画像から高精度な三次元形状モデルを自動生成できるエンジンを連携し、橋梁・道路・電力・鉄鋼・プラント等といった社会・産業インフラの施工から点検・維持管理までの生産性向上を目的として、次の2点を兼ね備えたプラットフォーム実現を目指すものです。

(1)ワンストップでの支援

 ロボット等によるインフラデータ取得から、モデリング、損傷画像等の一元管理、レポーティング向けリッチデータ化、画像計測技術を用いた三次元成果品(※1)納品等のデータ作成、ビューア機能までをワンストップで有したプラットフォーム構築を目指します。これにより、各工程データのデジタル上での一元管理、点検・診断画像や三次元形状の高品質な蓄積データによる損傷等の経年変化の把握を可能にし、社会・産業インフラの点検・維持管理領域における生産性向上やインフラの予防保全等を実現します。

(2)国産プラットフォームの構築

 橋梁・道路・電力・鉄鋼・プラント等といった国内の重要なインフラデータを取り扱うことを想定し、日本の社会・産業インフラの施工から点検・維持管理に必要な機能を有した国産プラットフォームの提供を目指します。

 *参考画像は添付の関連資料を参照

 *以下は添付リリースを参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0513835_01.JPG

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0513835_02.pdf