モバイル回線を利用した法人向け閉域VPNサービス「Twin アクセス」を提供開始

AZNETWORK Managed VPN light V2のラインナップを強化

 

 株式会社富士通マーケティング(本社:東京都港区、代表取締役社長:広瀬 敏男)は、法人向け閉域VPNサービス「FUJITSU マネージド・インフラ・サービス AZNETWORK Managed VPN light V2(以下:AZNETWORK Managed VPN light V2)」において、ソフトバンク株式会社の「Twin アクセス(注)」をアクセス回線として採用し、7月10日に提供を開始します。

 「Twin アクセス」を利用することで、有線を引き込みにくい場所でも直接閉域網へ接続できるため、安全にネットワークを利用することが可能となります。これにより当社は、AZNETWORK Managed VPN light V2のラインナップを強化し、ネットワークサービスの拡充を図ることで、お客様のビジネスをICTでより一層支援してまいります。

 当社は、中堅中小企業向けに、シンプルで安全な法人向け閉域VPNサービス「AZNETWORK Managed VPN light V2」を提供しております。今回、新たなアクセス回線として「Twin アクセス」をラインナップに加えることで、お客様に最適なビジネス環境を提供いたします。加えて、当社のクラウドサービス FUJITSU Cloud Service AZCLOUD IaaSとシームレスな接続が可能で、安全にクラウド環境へ接続することができます。

【Twin アクセスの特徴】

 「Twin アクセス」は、専用端末を置くだけで有線を引き込むことなくお客様の閉域網へ接続することができます。そのため、催事場などの外部でのPOS利用や建設現場での仮設事務所といった、比較的短期間のネットワーク利用が想定されるケースでもすぐにネットワーク環境を設置または撤去することができます。また、離島などで光ケーブルの敷設ができない場所でも、ソフトバンクのモバイル回線に接続可能なエリアであれば、閉域網へ接続することが可能です。

  ●直接モバイル回線に接続するため、閉域性を確保できます

  ●2回線を常にアクティブの状態で接続するため、安定した通信が可能です

  ●IPSec方式で暗号化されるため、高セキュリティを維持できます

 ※参考画像は添付の関連資料を参照

 ※以下は添付リリースを参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0514093_01.JPG

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0514093_02.pdf