さくらインターネット、ハイパーボックスと協業し、トレンドマイクロの法人向け総合サーバーセキュリティをさくらのクラウドで2019年7月18日より提供開始

 

 インターネットインフラサービスを提供するさくらインターネット株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:田中 邦裕)は株式会社ハイパーボックス(本社:東京都新宿区、代表取締役:深田 太郎)と協業し、法人向け総合サーバーセキュリティ「Trend Micro Deep Security as a Service(TM)」を、さくらのクラウドにおいて2019年7月18日より提供開始します。

 トレンドマイクロ株式会社の「Trend Micro Deep Security as a Service(TM)」は、物理・仮想・クラウドなど、多様なサーバー環境に対応する法人向け総合サーバーセキュリティです。ネットワーク層のセキュリティ対策からオペレーションシステム、アプリケーション層のセキュリティを網羅し、サーバーの多層防御を実現します。株式会社ハイパーボックスは、「Trend Micro Deep Security as a Service(TM)」の販売代理店を務めています。

 ※ロゴは添付の関連資料を参照

 「Trend Micro Deep Security as a Service(TM)」のお申し込みは、さくらのクラウドのコントロールパネルより受け付けます。提供価格は21,600円/1ライセンス(税込)です。

 なお、さくらインターネットは他社と協業しサービス提供を行う「マーケットプレイス」の取り組みを推進しており、本件はこの一環です。今後もさらにこのような協業ビジネスを拡大し、インフラサービスだけではなし得ない新しい顧客層の獲得を目指します。

 さくらインターネットとハイパーボックスは本協業を通じて、お客さまがより安全・安心な環境でビジネスに注力できるよう、尽力してまいります。

 ※以下は添付リリースを参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

ロゴ

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0514227_01.png

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0514227_02.pdf