他社機器を含む印刷工程全般を最適化し、統合型ワークフローを実現する新ソフトウェア発売

Production Cockpit 2.0:可視化と自動化で印刷業界の働き方改革に貢献

 

 富士フイルムグループの富士ゼロックス株式会社(本社:東京都港区、社長:玉井 光一)は、印刷会社の印刷工程全体の業務最適化に貢献し、統合型ワークフローを実現するソフトウェア商品「Production Cockpit 2.0(プロダクション コックピット 2.0)」( https://www.fujixerox.co.jp/product/software/prod_cockpit )を、2019年7月25日より国内で発売いたします。

 Production Cockpit 2.0は、印刷業務の上流から下流までの全工程を対象として、それぞれの機器の稼働状況と生産余力、予定されている印刷ジョブなどに関する情報を、システム連携により一元的に集約。それらを可視化し統合処理を行うことで業務の自動化を実現し、工程間の印刷ジョブの滞留を解消、ワークフロー全体の生産性向上を可能にします。2018年7月に開催された「IGAS(国際総合印刷テクノロジー&ソリューション展)2018」に参考出品して大きな注目を集めた「SE-BizObject Production Cockpit 1.0」に市場から寄せられた声を反映して商品化しました。

 紙種や仕様が千差万別の印刷ジョブひとつひとつの進捗状況と、印刷機や加工機などの生産装置1台1台の稼働状況を、リアルタイムでデータとして取得し、当社独自の技術により装置ごとの生産余力を算出します。また、これまでは熟練したオペレーターが手作業で行なっていた印刷ジョブの振り分けや予定組みの業務を、当ソフトウェアが用紙種類や加工形態など同じ属性の印刷ジョブをグルーピングしたうえで、自動的に行うことにより、効率的な印刷を実現。随時受注される多種多様な印刷ジョブの、出荷までのワークフロー全体を効率化し、印刷工場のスマートファクトリー化を実現します。当社の試算では、月間平均で1,000件程度の印刷ジョブで1,000,000ページ程度を出力するデジタル印刷生産ラインにおいて、年間2,000万円を超えるコスト削減効果が期待できます。

 ※参考画像は添付の関連資料を参照

 Production Cockpit 2.0は、印刷業界の標準規格であるJDF(*1)およびJMF(*2)をベースにデータをやりとりし、連携することができるオープンなプラットフォームです。さまざまなメーカーの機器やソフトウェアが混在する生産現場において、それらを一括して管理することが可能です。

 また、蓄積されたデータを外部のBI(Business Intelligence)ツールと連携させて分析することで、生産性向上のために対策を講ずるべきボトルネックが全工程の中から可視化され、生産現場におけるさらなる業務改善に繋げることもできます。

 ※以下は添付リリースを参照

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0514229_01.JPG

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0514229_02.pdf