キーサイト、オートモーティブ向けサイバーセキュリティプログラムを発表

サイバー攻撃の積極的な予防により、車両の安全性を確保する自動車業界を支援へ

 

 東京、2019年7月11日発 -エンタープライズ、サービスプロバイダー、政府などのお客様がイノベーションを加速し、あらゆるものが安全につながる世界の実現を支援する、キーサイト・テクノロジー株式会社(代表取締役社長:チエ ジュン、本社:東京都八王子市高倉町9番1号)は、自動車メーカー(OEM)とそのサプライヤ(Tier1)の自動車セキュリティ専門スタッフが、研究開発、製造工程、アフターサポートなどにおいて、サイバー攻撃に対する積極的な予防により自動車の安全性を確保するための、新しいオートモーティブ・サイバーセキュリティ・プログラムを発表します。

 これまで以上に多くのコネクテッドカーが製造され、路上を走行するようになるため、ハッカーにとって車の内外から潜在的な脆弱性を悪用する格好の場となっています。インフォテインメント、テレマティクス、エンジンコントロールユニット(ECU)など、多数の車載システムが悪意のある攻撃の侵入ポイントとなる可能性があります。また、インターネットに接続された車両は、ますます複雑なソフトウェアを使用し高度な機能を提供するようになっており、コネクテッドカーのブレーキやステアリングシステムなどをマルウェアが乗っ取って侵害する可能性があり、その結果、負傷や死を招く恐れあります。

 キーサイトのオートモーティブ・サイバーセキュリティ・プログラムは、自動車の安全性の確保、急速に変化するテクノロジーの規模と複雑さへの対応、製品化までにかかる時間の短縮、自動車のOEMおよびサプライヤ内のサイバーセキュリティ対策の補完を目的として、これらのOEMおよびサプライヤが必要とするハードウェア、ソフトウェア、サービスを統合したものです。

 キーサイトは、自動車のサイバーセキュリティは、自動車の販売後だけでなく、製品開発の最初期から開発ライフサイクル全体を通して必要であると認識しています。このニーズに対応するため、当社では以下を含む包括的なソリューションを提供します。

  ・Wi-Fi、携帯電話、Bluetooth、USB、CAN、および車載イーサネットなど、関連するすべてのインタフェースを介して、被測定対象物(DUT)に接続するハードウェア

  ・攻撃をシミュレートし、脆弱性(および重大度)を報告し、推奨される修正を提供するソフトウェア

  ・修正の検証を簡素化および迅速化する、被測定対象物(DUT)固有の回帰テスト

  ・広く使用されているOEMおよびサプライヤのエンタープライズプラットフォームとのシームレスな統合を含む、エンタープライズレベルのテスト管理

 積極的な予防を確実にするために、キーサイトは進化する脅威データベースへのサブスクリプションサービスも提供しています。このサブスクリプションサービスでは、最新のセキュリティ攻撃、回避方法、および実際のマルウェアの例に関する頻繁なアップデートを提供します。このサービスには、アプリケーション・プロトコル・リリースのほか、継続的なソフトウェアの更新と機能強化も含まれます。

 当社のオートモーティブ・サイバーセキュリティ・プログラムにより、自動車メーカーとそのサプライヤは次のことが可能になります。

  ・全社的なセキュリティ基準の導入と実施

  ・サプライヤの認証と監査を支援する全社的なテスト手順の確立

  ・厳格な回帰テスト、文書化されたワークフローおよび結果により再現性を実現

  ・ワイヤレス接続や有線接続を含む、物理層からアプリケーション層までの潜在的な脆弱性の特定

  ・ソフトウェア修正の迅速な検証と実装

  ・攻撃の前にセキュリティリスクを事前に評価することで、ハッカーに先行

 当社オートモーティブ・アンド・エネルギー・ソリューション・グループのバイスプレジデント兼ジェネラルマネージャーであるSiegfried Grossは次のように述べています。「今日の車両では、接続性とソフトウェアに大きく依存することで利便性は向上しますが、新たなそして進化するサイバー脅威に対する潜在的な攻撃のリスクは高まります。この新しいプログラムにより、OEMおよびそのサプライヤは、潜在的な脆弱性のテストに対する一貫した全社的なアプローチを定義、実装、および展開することで、車両の安全性を強化できます。」

■キーサイト・テクノロジーについて

 キーサイト・テクノロジーは、エンタープライズ、サービスプロバイダー、政府などのお客様が、イノベーションを加速し、あらゆるものが安全につながる世界の実現を支援するテクノロジーカンパニーです。当社は、お客様がより迅速に低価格で市場導入できるように、設計シミュレーションから、プロトタイプ検証、製造テスト、ネットワークやクラウド環境の最適化などのソリューションを提供しています。当社のお客様は、世界各国の通信エコシステム、航空宇宙/防衛、自動車、エネルギー、半導体、一般電子機器のエンドマーケットなど、多岐にわたっています。2018年度の売上高は39億ドルでした。

  https://www.keysight.com/jp/