キーサイト、デザインワークフローを加速する新しいPathWave Design 2020ソフトウェアスイートを発表

セットアップ時間の短縮、日常的な作業の自動化、

シミュレーションと解析の高速化を実現

 

 東京、2019年7月11日発−エンタープライズ、サービスプロバイダー、政府などのお客様がイノベーションを加速し、あらゆるものが安全につながる世界の実現を支援する、キーサイト・テクノロジー株式会社(代表取締役社長:チエ ジュン、本社:東京都八王子市高倉町9番1号)は、RF(無線周波数)/マイクロ波、5G、および車載用機器のデザインエンジニアのデザインワークフローを加速するエレクトロニック・デザイン・オートメーション(EDA)ソフトウェアPathWave Design 2020を発表しました。

 今回発表したPathWave Design 2020ソフトウェアスイートには、PathWave Advanced Design System(ADS)2020、PathWave RFIC Design(GoldenGate)2020、PathWave System Design(SystemVue)2020、PathWave RF Synthesis(Genesys)2020が含まれています。

 バッテリー寿命の長期化、コンポーネントの小型化、統合の高度化といった技術的課題が、エレクトロニックデザインの限界をさらに押し上げています。その結果、データ量は増え続け、デザイン要件はますます複雑化しています。データの相関解析に複数の独立したツールを使うことで、さらに不必要な作業が増えてしまいます。

 実際、キーサイトが実施した最近の調査(*)で、設計/テストエンジニアが直面する最も差し迫った課題は、データ相関とソフトウェア統合であることが判明しました。調査によると、回答者の90%以上が、データ共有を可能にする統合型の製品開発ソリューションを使用して製品化までの時間を短縮することを希望しています。

 PathWave Design 2020ソフトウェアスイートを使用すると、デザイン/シミュレーション段階でエンジニアが費やす時間を短縮でき、製品開発を加速することが可能になります。ライブラリやカスタマイズされたシミュレータによりセットアップ時間を短縮し、改善された自動化プロセスによって手作業を減少させます。さらに、回路設計、電磁界(EM)シミュレーション、レイアウト機能、システムレベルのモデリングがシームレスに統合されるため、異なる解析ツール間の移動時に発生する、デザインのインポート/エクスポートやエラーの修正にかかる時間を減らすことができます。データ分析の改善により、解析結果を迅速に設計に反映させることが可能です。

 当社のデザイン/テストソフトウェアのバイスプレジデント兼ジェネラルマネージャーであるTodd Cutlerは、次のように述べています。「製品開発ワークフローの効率化は、特にデザインとシミュレーションにおいては業界全体の課題となっています。キーサイトは、PathWave Design 2020により、RF、マイクロ波、5G、および車載用のワークフローを効率化し、エンジニアの皆様がデザインサイクルの短縮とプロジェクト遅延の解消を実現する新たなツールと機能強化したソフトウェアを提供します。」

 キーサイトのPathWaveソフトウェアは、迅速かつ接続性のある設計とテストを実現します。高度な分析機能が内蔵されており、実用的な情報を開発チームと製造チームに瞬時に提供できます。キーサイトの新しいPathWave Design 2020を使用すると、以下が可能になります。

 ・設計にかかる時間を短縮することで、コストを削減し、市場投入までの時間を短縮する

 ・回路シミュレーションでのデータ解析を簡素化/自動化する

 ・RFおよびパワー・エレクトロニクス・デザイナー向けの2つの新たな統合型EMシミュレータにより、電磁界シミュレーションのセットアップ時間を短縮する

 ・車載用レーダー用の新しい複合体モデリング環境を使って安全な車両を設計する

 ・5G仮想テストベンチの更新により、最新の5G New Radio(5G NR)規格の動向を常に把握する

●関連情報

 ・製品詳細:http://www.keysight.com/jp/ja/cmp/pathwave.html

 ・製品画像:

  ※添付の関連資料を参照

 ・PathWave Design 2020:https://www.keysight.com/jp/ja/products/design-software.html

 ・PathWave Advanced Design System(ADS)2020:https://www.keysight.com/ja/pd-2998595/pathwave-advanced-design-system-ads-2020

 ・PathWave RFIC Design(GoldenGate)2020:https://www.keysight.com/ja/pd-2998008/pathwave-rfic-design-goldengate-2020

 ・PathWave System Design(SystemVue)2020:https://www.keysight.com/ja/pd-2998612/pathwave-system-design-systemvue-2020

 ・PathWave RF Synthesis(Genesys)2020:https://www.keysight.com/en/pd-2998617/pathwave-rf-synthesis-genesys-2020

 *『Keysight Survey: Removing Time-To-Market Barriers for Design and Test Engineers』(英語版)は、以下のウェブサイトからダウンロードできます。 http://literature.cdn.keysight.com/litweb/pdf/5992-3814EN.pdf

■キーサイト・テクノロジーについて

 キーサイト・テクノロジーは、エンタープライズ、サービスプロバイダー、政府などのお客様が、イノベーションを加速し、あらゆるものが安全につながる世界の実現を支援するテクノロジーカンパニーです。当社は、お客様がより迅速に低価格で市場導入できるように、設計シミュレーションから、プロトタイプ検証、製造テスト、ネットワークやクラウド環境の最適化などのソリューションを提供しています。当社のお客様は、世界各国の通信エコシステム、航空宇宙/防衛、自動車、エネルギー、半導体、一般電子機器のエンドマーケットなど、多岐にわたっています。2018年度の売上高は39億ドルでした。

 http://www.keysight.co.jp

 

 

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

製品画像(1)

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0514238_01.jpg

製品画像(2)

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0514238_02.jpg

製品画像(3)

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0514238_03.jpg

製品画像(4)

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0514238_04.jpg